プラモ達人の導きのままに筆を取れ!!明日からあなたの汚し塗装が絶対にかっこよくなる「アーマーモデリング 2022年11月号」

▲プラモデルをかっこよく汚すことができるGSIクレオスの定番塗料の詳細を一挙ご紹介!! アーマーモデリング最新号をゲットしよう

 ──「自身が確信に変わりました」。
 1999年、平成の怪物・松坂大輔がイチローとの初対決で3奪三振後のヒーローインタビューで言った言葉です。ここまでスケールは大きくないかもしれませんが、Mr.ウェザリングカラー(「ウェザリング」とは模型用語で、プラモに汚し塗装を加えることを言います)を使って見てなんとな~~くかっこよく汚せる自信が付いた人が、この本を読んで筆を動かしてみると塗料の特性や理論が上積みされ、自分が行っている塗装にさらに自身が付くこと間違いなし。「俺はこれからも楽しくプラモを汚していける!」という確信が芽生えると思います。それくらいのことが、今回のアーマーモデリングには詰まっています。

▲紫や黄色、緑などなど汚しとは関係なさそうな色がラインナップされている「Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッド」。これってどんな意図で生まれた塗料なのかを図と塗装見本で詳細に解説

 タイトルは「ヨシオカ・クレオス・ミグのウェザリング」。クレオスと言うのは、模型用の塗料や工具を開発・販売しているメーカー「GSIクレオス」のこと。ヨシオカ(吉岡和哉)とミグ(ミゲル・ヒメネス)は、世界を代表する戦車モデラーのこと。実はこの二人は、GSIクレオスより発売されているウェザリング用塗料をプロデュースしています。塗料の生みの親であり、超絶戦車模型がうまい最強のモストデンジャラスアニキに解説してもらおうぜ! ってのが今月のアーマーモデリングなのです。

 各カラーはどのような表現のために作ったのか、色を組み合わせるとどうなるのか? などなどを実際に模型を完成させながら見せていくHow to形式や、塗料にクローズアップしたピンポイントな解説でご紹介していきます。

▲吉岡氏とGSIクレオスの対談。ウェザリング塗料の今が見えます

 吉岡氏とGSIクレオスの商品担当の対談は、Mr.ウェザリングカラー誕生秘話から、ウェザリング塗料に限らず現在GSIクレオスが開発している塗料についてのお話も紹介されています。
 キャッチにもある通り「黒」という、プラモの世界でもとても強い極端な色とされているカラーが一番売れているという事実も語られています。その背景には「ガンプラ」があるそうです……ぜひ読んで欲しいです。

▲Mr.ウェザリングカラーとウェザリングペーストだけでもここまでかっこよくできる!!

 今回誌面に多数登場するのが「水性ウェザリングペイント」(表紙の戦車はこちらを主に使用して汚されています)、「Mr.ウェザリングカラー&ペースト」、ミグがプロデュースした「八雲カラー」です。全てGSIクレオスによって発売されている定番ウェザリング塗料なので、多くの模型・量販店で購入することができます。本を読んで使いたくなったら、すぐに注文できる手軽さが嬉しいですね。

▲八雲カラーは、ミグがプロディースしたウェザリング塗料。説明書に記された通りに使用すると、多くの人がかっこいい汚しをゲットできるよと言う物

 ひとつのセットの中で汚しが完結するようになっているのが、ミグプロデュースの「八雲カラー」。商品にも各色の塗る順番や用途が書かれているのですが、その結果どうなるかがビジュアルではさすがにありません。「本当にそうなるのかな……八雲ってそもそも何? あとミグって人ちょっとイケメンすぎない?」とか様々な不安と嫉妬がこのパッケージの中に渦巻いています。本書では、説明書では分からなかった「ビジュアル面」を大きく補う記事が構成されています。これを読めば、もう怖くないです。そしてミグがイケメンから俺たちのアニキ! に変わって見えてきます。最高だよ。

▲平井真氏によるAFVクラブのバレンタイン(ソビエト軍仕様)の記事は、水性ウェザリングペイントが使いたくなること間違いなし!!

 日本各地で買えるGSIクレオスの定番ウェザリング塗料は、性能も素晴らしいのでなんとな~く汚してもカッコ良くなってしまう凄さがあります。でもこの製品のことを今月のアーマーモデリングで知ると、さらに一味違った使い方が可能になります。読むだけでなく、手を動かことでそれはあなたの中で確信になると思います! 「こうだったらな~」「こうするとどうなるのかな~」と頭でポワンとしたりボソボソ言っているなら、ページを開いて最強のアニキ達が導くままに筆を取ってください。それが模型誌の最高の楽しみ方です!! 秋の本格模型シーズン、みんなでカッコイイ汚しを楽しみましょう。

▲アーマーモデリングは戦車だけじゃないのが最高。鎧とか武者とか鏑流馬とか、編集部の「好き」が垂れ流し!! これが雑誌ですよね!!
▲募集要項のリードとは思えない最高の一句をぜひ読んでください!!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。