アーマーモデリング最新号であなたが満たしたい「筆塗りの気持ち」見つかります。

▲戦車模型専門誌「アーマーモデリング」最新号。インパクト抜群の「筆」と数々のボックスアートの名作を送り出してきた巨匠・高荷義之氏が目印!!
Armour Modelling(アーマーモデリング)2020年 10月号

Armour Modelling(アーマーモデリング)2020年 10月号

1,478円(09/30 16:33時点)
発売日: 2020/09/12
Amazon

 「必要な場所に必要な筆塗り技法が使えるようになれる」

 戦車模型雑誌「アーマーモデリング」最新号は、ズバリ「筆塗り」!!上記の言葉は本書の表紙に書かれた一文。「適材適所」の筆塗りが満載なんです。筆でできること、筆だからできること、筆塗りと相性の良い塗料、筆という工具の基本や種類と「筆塗り」にまつわる切り口を多数設けて解説されます。

▲メカ物からミリタリーまで、多くの模型少年の心を鷲掴みにしてきた「プラモの箱絵」を描いている高荷義之氏のインタビュー。筆一本でイラストも模型も塗り上げてきた人生を感じることができます

 特集のトップに「筆のみ」で力強く、躍動感あふれるプラモの箱絵を描いてきた巨匠・高荷義之氏が登場するというインパクト。高荷氏が模型を筆塗りすることに対する言葉として以下のようなことを話してくれています。

 「三次元のものを自分の手で塗るというは、それだけで驚きの連続。とにかくめんどくさくても仕上げる。完成することがやはり大事。」、「スミからスミまで隙間なく塗ったときの満足感っていうのは特別なものがある」。

 まさに筆塗りの楽しさはこれ!。筆を通して感じる立体の魅力と、自分が今まさに塗り上げているというのがダイレクトに脳に伝わる興奮。そして筆塗りでミスっても最後まで完成させることで得られる快感だから筆塗りは面白い!

 高荷氏の言葉を入り口に、アーマーモデリングの筆塗り特集が開幕します。

▲筆塗りで一番大事な工具はもちろん「筆」。でも僕たちは筆のことを知っているようで知らないのでは……。3分で基本がわかる記事が載っています
▲ハイスペックな水性アクリル塗料、ゲームズワークショップの「シタデルカラー」を使用したオール筆塗りをご紹介。シタデルカラーにある「戦車模型の定番色」を紹介したカラーサンプルも掲載!!

▲基本色を缶スプレー1色で塗って、色調コントロールを主に油彩を使用した筆塗りだけで行って劇的に戦車模型の表情を変化させる技法は必見。油彩を塗ったり伸ばしたり、叩いたり。本当に楽しそうで僕は今すぐにでもやりたい!と思ってしまいました
▲100円ショップにあるメイク道具って「模型に使えるのでは…」と気になったことありますよね。そんなムズムズをアーマーモデリングを代表する戦車モデラーの1人・内藤あんも氏が実践レビューして解消してくれますよ

 永久保存版がまさに戦車模型筆塗り天下一武道会決勝戦!!激ヤバな2人の筆さばきを見ることができる記事!!衝撃です。

 アーマーモデリングのアドバイザーも務めるスーパー戦車モデラー・吉岡和哉氏と、世界を代表する戦車模型アニキことミグ・ヒメネスによる決勝戦は、「筆だからこそできる」戦車模型を豊かに魅せる塗り方が満載!!

 この記事にはなぜそのように筆を動かすと良くなるのかもしっかりと書かれており、なんとなく筆を動かしていた日常から脱却できるヒントが超詰まっています。まじでドランゴボールの「孫悟空VSマジュニア」並みに面白いので必見です!

▲お筆選びのガイドもオススメです〜

 そもそも「筆塗り」で目指すものとは何なのか?それって自分で筆を動かしてみないとわからないことだと思います。「筆で塗る感覚や出来上がった塗面」を見て思う感想は十人十色になると思います。だからこそ冒頭の「必要な場所に必要な筆塗り技法が使えるようになれる」ということが筆塗りのキーになる言葉で、あなたが感じた筆塗りの感覚を満たすものを見つけることが筆塗りの楽しさになると僕は思います。僕も今月号を読んで、自分の筆塗りをさらに満足させてくれそうな塗り方を試してみて、もっと筆塗りを楽しんでみようと思います。

Armour Modelling(アーマーモデリング)2020年 10月号

Armour Modelling(アーマーモデリング)2020年 10月号

1,478円(09/30 16:33時点)
発売日: 2020/09/12
Amazon
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。