小さめサイズでも「人間の存在感」が指先に伝わる高速ミサイル艇のプラモデル!

 スケールモデルを買う理由として「実物を見たことがある!かっこよかったなぁ」というのはとてもラッキー。今回は観艦式(海上自衛隊版のパレードに相当する式)で観たことのあるシュッとしたミサイル艇「はやぶさ」の1/350モデルを模型店で見かけたので購入したのでした。ステルス性を考慮したシャープな艦容と、めちゃくちゃスピードの出るガスタービン3基によるウォータージェット推進が模型で楽しめるというのが嬉しい。

 箱を開けると船体がゴロンと出てきます。1/700だと小さくなりすぎてしまう小型のミサイル艇ですが、1/350だと手に馴染む大きさ(全長約14cm)でしっくりくるなぁと感じます。基本的に台座に乗せて眺める「フルハルモデル(=船底まで再現された模型)」なんだというのは箱を開けてから知りました。艦首がシャキーンと尖っていて速そう!

 艦橋のパーツがスライド金型でゴロン。窓がちゃんと抜けていて、その下にある人が出入りするための水密扉も金具までよく見えます。1/350スケールって、「人間がそこにいたらどんなふうに見えるかな〜」というのがギリギリ分かる大きさなんだということに気付かされます。窓の奥に、キリッとした顔の船員さんが見えそうじゃないですか。

 甲板には「複合作業艇」というゴムボートが載っています。1/700だとアウトラインだけで「ボートだな」って分かる程度の大きさだけど、1/350だと椅子が2個付いてることもわかるし、なんだかゴムのブニョっとした質感まで表現できている気がします。ここにも1/700では表現するのがちょっとむずかしい「人間の息遣い」みたいなものが見え隠れしています。

 なにより嬉しくなったのはデカール。同型艦の「わかたか」「おおたか」にも作れるし、よーくみたら浮き輪(箱裏の説明だと「救命浮標」って言うらしい)にもギリギリ読めるか読めないかの大きさでそれぞれのフネの名前が入っています。1/350の人間と1/1の人間が意思疎通できるんだ!と思える瞬間。

 「1/350のフネ」ってかなり大きいモデルが多いんですけど、小さなミサイル艇だと掌に収まるとっつきやすいサイズでありながら、そこで活躍する人間の大きさ、どこがどんなふうに機能するのかがわりと見えるという意味で、艦船模型の美味しいところを兼ね備えていると思いました。みんなも買って、虫眼鏡で覗いてみよう!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。