「いまの自分なら組める!」の気持ちで対峙する、憧れのプラモデル。

 こんにちは!たまごんだよ!

 nippperといえば、それこそ模型店の店頭に並んでいるような旬のキットを買ってきて、味わいながらも超音速で組んでみたり、あっと驚くパーツの分割やランナーに隠された気配りを感じ取りながらメーカーとの対話を楽しむ様子をお届けしているサイトです。(だよね?)。

 自分は冒頭で触れた「旬のキットを刺身で味わう」モデリングも大好きなのですが、絶版キットと呼ばれる、様々な理由で現在は生産されておらず量販店ではもう買えないような古いプラモデルの収集も大好きだったりします。

 今回このような記事を書いてみようと思ったのは、このキットが手元に届いたから。nippperでも漫画「ファイブスター物語」に出てくるモーターヘッドのプラモデルは何度か紹介されていますが、私はこのレッドミラージュというモーターヘッドが大好きなのです。

 これは今から25年ほど前にWAVEから発売されたエディションで、現在は販売されていません。各関節部にポリキャップを使用するフル可動モデルとして発売されたキットではありますが、時代相応の内容。しっかり完成させるにはそれなりの技術が要求されるような構成になっています。

 私が学生の頃にも一度、このキットをショップで見かける機会があったのですが、当時でも発売から10年以上経っていることや先述の高難易度であることは把握していたため「このキットはまだ未熟な今の自分が手を出していいモノではないな」と購入を見送っていました。

 それからさらに10年ほど経った今、手元にこのキットがあります。この10年間で他メーカーから1/100スケールの決定版とも言えるレッドミラージュのキットも発売されたりしましたが、結局そちらを購入することはありませんでした。

 それは自分の中のレッドミラージュというメカのイメージが、過去にチャレンジするのを諦めてしまった悔しさも含めて、このWAVEの1/100キットに固着してしまっていたからなのではないか、と最近になって気付いたのです。

 後発の他社キットと比べるとプロポーションも骨太でスマートさには欠けますが、ファイブスター物語の原作冒頭で現れたレッドミラージュに一目惚れをした自分には「この圧倒的な存在感を表現できているキットはこれしかない!」と再認識でき、昔と比べると模型製作用マテリアルたちの性能も、自分の模型製作の技術も(?)進化している今ならきっと過去の自分に自慢できるような、あの日夢見たレッドミラージュを作れるハズです。

 新発売のキットを買った日に組み立てる楽しさとは真逆のワクワク感。10年分の思い入れが詰まった絶版キット、焦らずゆっくり味わいながら組み立て始めました。このキットに訪れた “二度目の旬 ” は間違いなく今なのだから。

たまごん
たまごん

ごく稀に真面目にプラモデルを作るらしいが、基本的には酒の力を借りながら夜な夜なミキシングでモンスターを生み出す等の活動に力を入れている。