まさに孫の手!!「ファンテック 面出しスクレーパー」は痒いところもきっちり攻めます!!

▲タングステンの棒が職人技による極めて高い精度の三角に削られたというツール。そのまま使用せずピンバイス等に装着して使用します。

 『ファンテック面出しスクレーパー』。これまでnippperで多く紹介されてきたカンナ系のツール同様、エッジ出し・バリ取り・C面処理・パーティングライン処理といった作業時に大変重宝します

 しかし。 皆さん正直なお話をしましょう。ズバリ。カンナ類を便利だとは思うけど…自分はヤスリで事足りてるしな…そう思った方も少なからずいらっしゃるのでは無いでしょうか?かく言う僕もそう思っていた時期がありました。ヤスリを使えば同じくエッジ出し、バリ取り、C面処理、パーティングライン処理は出来ますからね。

▲ヤスリを入れ辛い…そう言う場面結構ありませんか?

 ところが意外と”そうはいかない”場面が多いんです。例えば上記の用にヤスリを当てたい場所が入り組んでいて、ヤスリが入らない、またはヤスリが入ったとしてもヤスリを動かす際に余計な場所を削ってしまう恐れがある…そういう事がプラモデルを作っていると存外多かったりするんですよね。

▲シュルシュルとリンゴの皮を剥くように

 そんな時こそ『ファンテック 面出しスクレーパー』を初めとしたカンナ系ツールがキラリと光るんです。ヤスリに対して”物”も”削る動作”の幅もコンパクトなので狭い所に”難なく届く”場合が圧倒的に多いんですよ。更に『ファンテック 面出しスクレーパー』はカンナとして一番大切なパーツを削ぐ”キレ味”も抜群です。

 それは間違いないのですが…。カンナがけの作業に慣れないうちは操作のストローク、つまり”刃をパーツに沿わせて繰り返し削ぐ事”が安定せず、刃がパーツに食い込んで傷を作ってしまったり、ビョーンと明後日の方向に走ってしまったりする事もあるかと思いますがそこは、やはり繰り返し練習するしか無いかと思います。

▲イメージは指で削ぐ!!

 ご参考までに、僕はストロークのブレを極力減らすための手段として、三角の刃の二角をマスキングテープで保護して、そこに人差し指を沿わせるようにして操作をしています。こうすると人差し指を通してパーツの状況が伝わりやすくなるというか、まるで指の腹でパーツを削いでる感覚が得られるんです。これで随分とコントロール性の向上を感じられるかと思います!くれぐれも怪我だけに気をつけて頂いてもしお困りなら是非一度試してみて欲しいです。大事なことだからもう一度!力を入れ過ぎて怪我しないようにしてください。


 今回紹介した『ファンテック面出しスクレーパー』は小柄な製品ゆえカンナ系ツールの中でも特に小回りが効いて、痒いところに手が届く縁の下の力持ち的な存在かと思います。決して目立ちはしないけどキワの対処に対して奥の手が自分には有る!という小さな自信は大きなアドバンテージをあなたの製作にもたらしてくれるはずです。ぜひぜひ導入してみてくださいね。それではまたの機会にお会いしましょう。バイバイ!

ろろ
@roro_ru_0625

1988年、ギリギリ昭和生まれ。
web媒体中心の広告デザイナーをしています。
模型以外ではその辺の景色を写真に撮ったり、飲酒を好みます。