付録DVDで学ぶ達人技/『スケールアヴィエーション2021年1月号』はグラビアも特集もマストバイです!

 突然のゆきぽよですが、スケールアヴィエーション最新号に掲載されているのでまず書店にダッシュしましょう。ダッシュしている暇がない人はいますぐポチッと通販推奨です。なぜなら売り切れ必至のすごい号だから!

 いつもより値段が高いと思ったアナタ!後悔はさせません。SAで毎度すっごい作例を披露している松本州平氏のテクニックを詳細に記録したDVDが付録になっています。まるで実機みたいな外板のベコベコした表現、緻密に打たれたリベット、立体感あふれる風防のフレーム、そして質感に満ちた塗装がどんな工程で生み出されているのかを動画で見られる初めての映像。超絶テクニックに見える松本氏の技法も、一個ずつ「なぜやるのか/どうやってやるのか」をブレイクダウンしていくと「なるほど」からの「やってみよう!」となること間違いなし。飛行機模型以外にも絶対に役に立つ思考法と工作を見ていると、模型作りたいパワーがぐんぐん湧いてきます。これほんと。

▲こんなすっごい雷電がどうやって作られていくのかを映像で見ることができます。
▲DVDは魅惑の袋に入っています。総尺およそ1時間の大ボリューム!

 そして特集は『帝都防空戦』。二次大戦における東京の空を護った陸軍機たちがドッカンドッカン登場します。日本機といえば零戦、というアナタも「こんなかっちょいい飛行機があったのか」「こんな色で塗ってもいいのか」と新鮮な気分を味わえます。大戦終盤の鬼気迫るヤバい改造、無茶な開発で生まれたSFメカのようなマシンの競演。しかもB-29相手にガンガン戦果を挙げるさまはやっぱり胸躍るものがあります。

▲ほら作りたい!

 単色塗装でも機体がビッと締まって見えるリベット打ちを施した作例が満載なのですが、リベット打ったことないしどうやって打つのかわからん!という人も多いはず。でも大丈夫。我らがnippperからフミテシがリベット打ちに初挑戦しつつツールの買い方と使い方をレクチャーしてくれています!

 もちろんファインモールドの新キット、1/72 F-4EJ改の作例&深く掘り下げたレビューもバッチリ掲載。ゆきぽよからツポレフまで、読みどころありすぎるSA最新号。買わなきゃ損どころか、買ったら模型パワー100倍のすっごい内容となっておりますので、皆様お買い逃しのないようマストチェケラでお願いいたします。それでは。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。