ハセガワのオンリーワン定番プラモ「航空自衛隊 支援戦闘機 三菱 F-2A/B」をオープン・ザ・ボックス!!

▲今回は僕らの空を守っているF-2戦闘機のプラモをご紹介!!1/72スケール、1/48スケールではハセガワのプラモがオンリーワンなのだ!!!世界に一つだけの花プラモです(??)1/72スケールのキットを今回ご紹介するっす
ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

1,191円(10/25 12:05時点)
Amazon
ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2A プラモデル PT27

ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2A プラモデル PT27

1,818円(10/25 14:13時点)
Amazon

 F-2は「国産の戦闘機」で、航空自衛隊にのみ配備された航空機です。開発の経緯(アメリカとの共同開発で、ロッキード・マーティン社のF-16戦闘機をベースとし、三菱重工業を主契約企業、ロッキード・マーティンなどを協力企業として開発される)からF-16とよく似た外見をしているのですが、F-16よりも大型で、そして独特の海洋迷彩塗装が目立って基地祭などでもすぐに区別がつきます!!

 模型のほうでは、ハセガワが1/48スケールでも、1/72スケールでも気合の入ったキットを発売しています。やはり国内配備の航空機ですから、ちょっと特別な力が働くのかもしれません。今回紹介するのは1/72ですが、1/48も素晴らしいのでオススメです。

▲F-2本体のランナー。単座のF-2A、複座のF-2Bを選択して組むことができるので、機首部分やコクピットなどはそれぞれ専用のパーツが入っています
▲こちらは武装関連のランナー

 この前nippperで紹介したF-16と組み比べると、F-2との違いをよく知ることができます。自分の指からその違いを体感できるのは模型の楽しみですね!!

▲ハセガワのこちらのF-16CJ ブロック50もめっちゃオススメ!ぜひ作り比べてみてね

 ぱっと見はF-16とほとんど同じなので、翼が一回り大きいこと、キャノピーが3分割なこと、インテークのカタチ……。挙げだすとどんどん違うところが出て来ます。特に先ほどの3つは形状でも特に目立つ部分です。

▲主翼はF-16よりひとまわり大きいのが特徴。パーツのディテールもすごく綺麗ですよ
▲キャノピーのパーツも単座と複座に合わせて2種類のランナーがセットされています

 さて、F-2はボディが中央で別れていて、単座のA型と複座のB型で、機首側を選択する方式になっています。

▲機首が2つ入っているとなんか豊かな気落ちになりますね〜
▲コクピットも単座、複座をそれぞれ選びます。写真を撮影したフミテシ は複座で製作
▲こちらが胴体上部の後ろ側のパーツ。これと機種の部分を綺麗に接着できればとても見映えがよくなりますよ〜。F-2製作のポイントになります
▲とは言えパーツの合いはバチピタなのさ!どこが合わせ目かな〜?流し込み接着剤をスッと流して優しくパーツを合わせてあげましょう

 これを段差にならないように接着できれば、あとはほとんど簡単に流麗なF-2の姿を楽しみながら作ることができるでしょう。おっと、キャノピーのクリアパーツにパーティングラインがありますね。これの消し方は、私の過去記事を参考にしてくださいね。

▲ゴッドハンドのスポンジやすり「神ヤス!磨」を使用して、キャノピーのパーティングラインを綺麗に処理します!

 そしてF-2の役割とこの機体をもっとも物語っている象徴的武装がこの「ASM-2」です。

▲主翼下の中央2本が「ASM-2」

 このミサイルは対艦ミサイルで、海上の艦船を相手にしたものです。F-2は空対空だけでなく、日本近海に現れる謎の艦船に対しての抑止力ともなっているのです。威力のあるこのミサイルを4発も搭載してお出かけすることから、いつしかF-2は”対艦番長”とのあだなも冠することになりました。またむやみに先端がカッコいい空対空ミサイル、AAM-3(写真では翼端に装備されているミサイル)も地味に魅力のアイテムです。

 あだ名といえば、F-16の記事でF-16はViper(蛇)という非公式のあだ名があるよ、と紹介したことを覚えていますか?じつはF-2、兄弟格のF-16が持っているViperというあだ名と、かつてメーカーが作っていた航空機の零戦をもじって、Viper Zeroという(おそらくこれもまた非公式な)愛称がつけられているのです。記念塗装でコクピット後部の肩あたりにマークされたこともあり、この表記を見たときはおおっ! と思わず声が出たことを思い出します。

 記念塗装にも恵まれたのがこのF-2で、とくに松島基地のF-2Bに関してはいくつもの苦難とドラマがありました。垂直尾翼に桜と皐を咲かせた津波の被害から復帰した記念飛行の、マーキングなどは泣かせるマーキングでしたし、海洋迷彩がピクセルドットに変換された第三飛行隊の60周年記念塗装機などはしびれるほどかっこよいマーキングでした。

▲海洋迷彩がピクセルドットに変換された塗装。ハセガワからもこちらの塗装パターンを再現したデーカルが付属したプラモが発売されています
▲ガンダムみたいなトリコロールなF-2もいますよ。岐阜各務原の飛行開発実験団のF-2Bで、こちらはテストのために垂直尾翼が左は赤、右は白みたいな塗装になっています。
ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A 3SQ 60周年記念 プラモデル 02261

ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A 3SQ 60周年記念 プラモデル 02261

3,870円(10/25 14:13時点)
Amazon

 こうして人はデカール違いの模型をたくさん買ったり作ったりするようになるんですね。

▲「第3航空団 第3飛行隊(青森県三沢基地)」と「第4航空団 第21飛行隊(宮城県松島基地)」のF-2のマーキングが再現できるデカールが付属します

 まだまだ語り尽くせぬF-2のキット。青い海洋迷彩は塗装がちょっとむずかしいかもしれませんが、それでも挑んでみる価値はあると思います。現在は専用のカラーも発売されていますから、色で迷うこともありません。ぜひぜひ、気合の入ったキットを楽しんでみてください。

▲前から見たときに機首が下がる”鶴首”なのも特徴ですね。F-16もそうですが、この機首が下がるのは独特の美しさが出ますね。フランカーもそうですよ!
▲本体の組み立て、1時間半。武装は多いのと、パーツ分割が細かい部分があり1時間ほどかかりました。全載せするとこの迫力!!
▲ASM-2はパーツ数も多く、さらに4本作ることになりますが、F-2にはぜひとも搭載させてみたい対艦ミサイルですので、ぜひ頑張って組んでみてください!君ならできる!
ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

ハセガワ 1/72 航空自衛隊 三菱 F-2A/B プラモデル E15

1,191円(10/25 12:05時点)
Amazon
ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2A プラモデル PT27

ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2A プラモデル PT27

1,818円(10/25 14:13時点)
Amazon
ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2B プラモデル PT29

ハセガワ 1/48 航空自衛隊 三菱 F-2B プラモデル PT29

2,109円(10/25 14:13時点)
Amazon
ハセガワ 1/72 アメリカ空軍 F-16CJ ブロック50 ファイティング ファルコン プラモデル D18

ハセガワ 1/72 アメリカ空軍 F-16CJ ブロック50 ファイティング ファルコン プラモデル D18

863円(10/25 18:04時点)
Amazon
けんたろう
けんたろう

各模型誌で笑顔を振りまくフォトジェニックライター。どんな模型もするする食べちゃうやんちゃなお兄さんで、工具&マテリアルにも詳しい。コメダ珈琲が大好き。