全種美味しい「タミヤ 1/72 零戦プラモ」!今日はどれ食べる?/「三二型」編

▲翼端がスパッと短い角型の主翼が特徴のツッパリ零戦が登場だ!

 コレクションサイズである「タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション」で4種発売されている零戦!前回は真珠湾攻撃でも使用された零戦でお馴染みの「二一型」をご紹介しました。

▲「二一型」についてはこちらの記事をみてね

今回はその改良タイプとして開発が進められた「三二型」をお届けします。「二一型」と比べながらみていきましょう。

▲タミヤ 1/72零戦はこちら4種をラインナップ。今回のお題は上から3番目の「三二型」です

タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.103 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型/52型甲 プラモデル 61103

まずは前回のおさらい。「二一」とか「三二」という数字ですが……

★前の数字/機体の改修回数
★後ろの数字/エンジンの改修回数

 ですので、「二一型」から「三二型」へは、機体とエンジンの両方を改修しています。機体は「速度向上のため両翼端を50cmずつ二一型より短縮。急降下能力などが改善されたが、航続距離は1000km低下してしまった」というのが特徴です。

▲高高度性能や最大速度、ロール性能などの向上を目指した「三二型」。最大の特徴である50cmずつ短縮された翼により速度は11km/h向上するも、重量増加や燃料タンクの容量減少により航続距離を大きく落としてしまいました
▲左が「二一型」のランナー。右が「三二型」のランナー。ぱっと見同じの零戦でも胴体や翼は異なります。もちろん「二一型」とは異なるこだわりの新規パーツ構成
▲上の画像が「二一型」の「栄」一二型エンジン。下が「三二型」の「栄」二一型エンジン
▲計器板も二一型とは異なるパーツがセットされます。本当にこの零戦シリーズのコクピットの解像度はやばいですね
▲完成後にのぞき込むとこんな感じです
▲一番の特徴である主翼翼端。こんなに形が違います。このスタイルを楽しめるのが、まさに「三二型」の醍醐味
▲上が「二一型」、下が「三二型」。エンジンカウルのデザインも変更されます
▲比べてみるとシルエットが大きく異なります。特に「三二型」は主翼形状が角型なので、他の零戦とは一線を画していますね

 様々な施策を盛り込んで兵器はアップデートされていきます。その中にはやはりバランスを欠いてしまったものなども多いです。三二型も性能の偏りなどが見られ、次の改修タイプ「二二型」へとバトンを渡します。でもこのような変遷をじっくり見ることができるのも「同じスケールで多数のバリーションがキット化されている」プラモと言う物の特徴だと思います。タミヤが送る至高の零戦で、零戦の特徴を指差し確認していくのも非常に「ヨシ!」な楽しみ方だと思います!角でツッパリな零戦を楽しんでね!

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.79 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型 プラモデル 60779

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.79 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型 プラモデル 60779

1,018円(10/20 00:19時点)
Amazon
タミヤ 1/72 スケール限定シリーズ 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 21型 特装版 闘う零戦 写真集付 プラモデ...

タミヤ 1/72 スケール限定シリーズ 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 21型 特装版 闘う零戦 写真集付 プラモデ…

3,080円(10/20 15:25時点)
Amazon
タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.25 日本海軍 零式艦上戦闘機 32型 A6M3 プラモデル 61025

タミヤ 1/48 傑作機シリーズ No.25 日本海軍 零式艦上戦闘機 32型 A6M3 プラモデル 61025

1,123円(10/20 12:29時点)
Amazon
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。