「ポリパーツが塗れる」!? 塗料界のメタルヒーローで、定着!

▲ポリエチレン製のポリパーツ。塗料が定着しない手強いやつです

 様々なプラモの関節や接続部に使用されるポリパーツ。特にポリキャップはパーツとパーツを繋ぎ、保持力を確保するのによく使用されます。また軟質素材の利点を生かし、チューブなど動きがある形状のパーツにも使用されます。だたこのパーツ、塗装と接着がむずいと言う弱点もあります。その弱点のうち「塗装」について解決してくれる塗料があるんです。それをご紹介します。

▲こちらGSIクレオスのMr.メタルカラー ダークアイアンです

 GSIクレオスのMr.カラーの中に「Mr.メタルカラー」と言う特色があります。こちら実際に金属粉が入った塗料。こちら、なんとポリパーツに定着してしまうんです。まずはMr.メタルカラーではなく、通常の塗料を塗ってみましょう。

▲一見塗料がしっかり乗っている感じがしますね〜
▲乾いたぞ!って思って触るとご覧の通り。悲しいです
▲お次はMr.メタルカラーの出番です。塗っていきます。メタルとは?なんかマットじゃない?
▲乾きました。光沢感もないし、なんかさえないですね。大丈夫?そして本当に定着してるの?
▲指で擦ったら、はがれな〜〜い!!ガッチリ定着。ん?なんか触ったところ光ってません?
▲そう、この塗料は塗装して乾いた後に磨くと「メタルな輝き」になる塗料なんです!しっかり定着しているのでポリパーツ上から磨いてもOK!
▲きらりん!この塗料は、塗装しただけだと金属粉が凸凹。それを磨くことで金属粉が平らになり、綺麗な輝きとなります。塗料も全く剥がれないですね。宇宙刑事もビックリの「定着」
▲ん?と言うことは、この上から普通の塗料で塗れば色つけられるのでは?水性ホビーカラーの「赤」を塗ってみます
▲すごい!乾いた後触ってもポロポロ剥がれません!まさに塗料の食い付きをよくするプライマーと同じ効果が発揮されています。これで軟質のポリパーツの塗装も怖くないですね

 ポリパーツが多用されているちょっと昔のガンプラや、軟質パーツの多いキットにはとても役に立つ「Mr.メタルカラー」。僕の作った模型も、チラッと見えるポリキャップの色がはがれていて、汚く見えてしまっていたことがかつてありました。でもこの方法を知ってからはもう大丈夫。関節色なら金属系の色のママでも良いですし、食い付きを利用して本体のカラーに合わせても良いです。塗装時、塗装後の組み立て両方のストレスを軽減します。「Mr.メタルカラー」は金属色としても非常にかっこいいのでお手元にあるとあなたの模型もカッコよく輝きますよ!

Mr.メタルカラー ダークアイアン

Mr.メタルカラー ダークアイアン

180円(10/01 03:19時点)
Amazon
Mr.メタルカラー アイアン

Mr.メタルカラー アイアン

278円(10/01 03:19時点)
Amazon
Mr.メタルカラー ステンレス

Mr.メタルカラー ステンレス

205円(10/01 03:19時点)
Amazon
クレオス・Mrメタルカラー・MC-219 ブラス

クレオス・Mrメタルカラー・MC-219 ブラス

199円(10/01 03:19時点)
Amazon
Mr.メタルカラー クロームシルバー

Mr.メタルカラー クロームシルバー

220円(10/01 03:19時点)
Amazon
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。