模型を見る目の解像度もあがっちゃう?モデルアートは「密」で攻める!

 スケールモデルを中心に毎月24日頃発売される「月刊モデルアート」。

 今月は極小&極薄パーツでちまちま攻撃!何層にも重ねた情報量ある塗装など、模型の密度をみっちみちに上げて解像度を高めていく方法論をご紹介した本特集。
 「密」という言葉をテーマに、各模型ジャンルから情報量をアップさせた箇所をクローズアップして、劇的変化した姿が誌面を飾ります。特に飛行機模型とカーモデルに注力した内容に仕上がっています。
 実機写真と改造用のアフターパーツを並列して、「この細かいパーツはこういうものだったのか!」とビジュアルで知ることができるのも興味深いです。プラモを見る目の解像度もあがるモデルアート8月号をお楽しみください。

モデルアート 2020年 08 月号 [雑誌]

モデルアート 2020年 08 月号 [雑誌]

1,292円(09/25 07:43時点)
発売日: 2020/06/26
Amazon
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。