名文だらけ!プラモデルの説明書に見る「インスト文学」の世界へようこそ。

▲このインストにやられました。あと青のコルセアね!

 欲しいな~!でも、家にまだ作っていないプラモデルまだあるしな〜。

 買うか買うまいか。悩みつつ箱を開けて、インスト(組み立て説明書)を見た瞬間「よしッ!」と声が出ちゃいました。すぐにキットを購入して今に至るのですが、最後のひと押しをしてくれたのは組み立て説明書でした。何を隠そうワタクシ、インスト大好き人間。それも、組み立て図だけでなく、キットにまつわるサイドストーリーが記載されているのが大好物なのです。

 今回購入したタミヤのウォーターラインシリーズ「エンタープライズ」のキットに付属するインストには、丁寧な組み立て方はもちろんですが、船の詳細なデータ、建造に至る経緯や輝かしい戦績がわかりやすく記載されています。専門書を手繰ればもっと深いところまで知ることが出来るのですが、ザッと知ることができるのはキットを作るうえでとっても助かりますよね。

▲ナイスガイ ズラリ

 このインスト、なんと歴代名将のプロフィールも載っています!(しかもイケてる似顔絵付き)こんなあだ名がついている人ってどんな人なんだろうと想像せざるを得ません。 


 さ他にも、人物の活躍を描いている有名なインストであればタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズの「SASジープ」や「88㎜砲」に載っているフィプナー伍長の話などでしょうか。最近のキットだと、ファインモールドのキットなども詳細な開発経緯などが記載されていますよね。こういったエピソードを読み込むと「あァ、ホントにこれは実在していて、動かしていた人がいるんだなあ」と、当たり前のことを改めて実感させられます。

▲もはや短編小説の域に入っている解説文

 かつて存在した戦車や飛行機、船舶などの実物を見たことがなくても、どんな人が乗っていてどんなことをしたのか。少し手がかりがあると一気に現実味を帯びて、目の前あるプラモデルは、血の通った存在になるんです。

 聞くところによると、このエンタープライズはなかなかのベテランキットだそうですが、それはそれ。味があるってもの。長く売れ続けているということは、それだけ魅力のあるキットということですから。このインストに記載されている文章は、もしかしたら現在の時代考証から違っていることがあるのかもしれません。でもいいんです! インストを読みながらイメージを膨らませつつ「さーどうやって作ろうか」とニヤニヤ悩む。これを想像するのが至福のひと時なわけでして。

ひぃ
ひぃ

現在29歳 兵庫県在住の地方公務員です
プラモデルのほかにボードゲームやTVゲームも大好きです
キャンプにも行くような多趣味な人間です