ナノドレッドのおかげナノ。超精密艦船模型パーツが僕のプラモライフを楽しくした理由。

▲僕にとってはただのディテールアップパーツではなく、より深く楽しいプラモの世界へと導いてくれた最高のキットなんです

 僕はタミヤの艦船模型「1/700 日本駆逐艦 響」でプラモの世界に完全復活し、今こうしてプラモを楽しんでいます。そしてあの時艦船模型の世界にバンバンのめりこんで行くことができたきっかけが、ファインモールドのプラ製超精密ディテールアップパーツ「ナノドレッドシリーズ」だったのです。とにかくこのパーツを手にした時、船に取り付けた時、自分の中で「プラモってやべーな」って感情が爆発しました。僕の恩人ともいえるプラモです! まじですげ~のよ。

▲1/700スケールプラパーツの限界に挑戦するとばかりの超細かい彫刻!! しっかり三連装機銃に見える!! 
▲こちらはウォータラインのキットに入る共通のディテールアップパーツの三連装機銃。デフォルメが効いたプラモらしい良いパーツなのです

 超絶ディテールで1/700スケールの解像度を爆上げすることに成功したファインモールドの「ナノドレッドシリーズ」。この解像度がすごいって話をしたいのではなく、こういった改造パーツを付けたことで「自分の中で悦に入れる」という体験を、初めてスケールモデルで体感したのです。「ここだけ、キットのパーツじゃない! 俺は初めてディテールアップパーツでこのキットをパワーアップさせたんだ!!」ってね。

 ガンプラで初めてハイディテールマニピュレーター(B-CLUBがレジンパーツで販売していたオフィシャルの超カッコイイハンドパーツ。モビルスーツや軍ごとの特徴も分けていて、ガンプラにおいて手首という物が最高のディテールアップポイントであると教えてくれたすんごいパーツ)を装着した時と同じ気分になりました。ナノドレッドの三連装機銃を付けた個所をニコニコしながら眺めていたもんです。

▲小さなランナーの中を、枝分かれするように機銃のパーツが配置されています。このコンパクトなランナーの形状もなんかかっこよくて、僕は特別なパーツを今触っているんだな~と思いました
▲周囲のパーツとは別次元の解像度に!! でもそれがいいじゃん!! 俺が作る俺の船のスペシャルポイント感が強調されるじゃないですか! 周囲と合わせるとか考えずとんがって行こうぜ

 

▲今日はこの構造物を見ながらうまいビールが飲める!! 悦!! 本阿弥!!!

 大改造だけじゃなく、こだわりのパーツを買ってきて貼るだけでも改造した満足感を味わえるってプラモの良いところですよね! それだけで箱の中のプラモとは異なった自分だけの姿が爆誕するんです。パーツを接着するだけで、さらなる海へと航海させてくれた「ファインモールド ナノドレッドシリーズ」。まだ触ったことが無い人はぜひ買って、艦船模型にぺたりと貼ってみてください。まじでスペシャルな体験をお約束します!!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。