クレラップがあるだけであなたのディオラマにストーリーが生まれます。

▲私は切り株。なんだかとっても雑にテープが巻かれているの。きょうはどんな遊びかしら??

 ディオラマやヴィネットで一撃でストーリーを加えられる方法があります。建物やなんかすごいオブジェとかもいりません。「地面」にあれを施すだけでいいのです。あれよあれ。

▲え? 何々?? すけるとか意味わかんないんですけど?? パッツン娘、かわいいね~

 まずは粘土。これが地面になります。なんでもいいです。僕は息子と100円ショップへ紙粘土を買いに言ったつもりが、クレヨンしんちゃんのシールだけ買って帰ってきてしまったので、家にたまたまあった透明粘土「すけるくん」を使用しています。何でもいいです。盛れば地面になるんで。

▲これが地面になるのね。私の第二の人生は「模型の台座」になるのね~~。それにしても台座のマスキング雑じゃない? 絶対下の方に粘土ついてるわよ

粘土をペタペタ盛ります。粘土が乾いたらタミヤの情景テクスチャ―ペイントなどを塗れば地面が爆誕します。でも完全に粘土が乾く前に、この1手をやるだけで、ディオラマにストーリーが生まれるんですね。そう、地面に「跡」を付けるんです。足跡やタイヤの跡を!!!

▲オラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ……

 そこで大活躍するのがクレラップです。これをディオラマに配置する模型の脚に密着させます。

▲どりゃ~~~~~

 スタンプ!!!! ぎゅっと押し込んで~~~離します!!!

▲ぽいん

 できました。足裏のディテールをもっとはっきりと付けたい場合は、もう少し粘土が乾いてからやると、良いです。そうすれば離した時に、ラップに粘土がくっついてきませんので、足跡の形状が保たれます。僕は今回、輪郭だけ欲しいので、こんな感じで満足です

▲車や戦車などに長い距離を走らせる場合は、台座にラップをかけましょう
▲ゴロンゴロン。バキ……(押し付けすぎて、後輪1本折りました)

 ラップの上を、模型を押し付けながらコロコロとタイヤの跡を付けていきます。

▲希望の轍(わだち)オールスターズ。あ~あっちの方から走ってきたんだね~と言うのを見る人に感じさせます。あと……マスキングテープ隙間空きすぎじゃない??? やる気あるの???

 足跡や轍があるだけで、ディオラマの上に置いてある模型の動きを脳内で想像できます。進行方向の見える化はとっても説得力をディオラマに与えてくれるのです。しかもやり方はクレラップで模型を保護してスタンプするだけ。本当に簡単かつ効果的なのでぜひやってください!! それでは~~~。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。