材料は100均!初めての人でも完成する「地面の作り方」、お教えします(前編)

 これまでちょっとした工夫で模型をさらに良く見せることができる「ベース」のご提案をしてきたnippper。今回はかんたんに作れる「自作ベース」をご紹介します。この方法は僕が初めてベースを完成させることができた方法です。素材とマテリアルさえあれば多くの人が手軽に地面が作れると思います。この方法を知ればディオラマも夢じゃない!!2回に分けてお届けします!

 テーマは「荒野」です。

▲100円ショップではプラモのベースに使える素材が安価に手に入ります。土台には木のボックス、地面は軽量の紙粘土を使います
▲ボックスを裏返します。ベースができました。〜完〜

 ボックスは物が入るように「深さ」が確保されているので、ベースとして使うと良い感じの「高さ」がでます。裏返したらボックスだなんてわからないのでオススメです。100円ショップのセリアで買ったこのボックスは木の色の深みがいい感じです

▲僕は、今回購入したケースのように、ちょっと濃い木の色の方が好きです。明かる目の木の色しかなかった場合は、ウェザリングカラー「ラストオレンジ」をさっと塗って使用しています
▲こんな感じでオレンジに染まっていきます。艶を出したければこの塗料が乾いた後に「プレミアムトップコート 光沢」を吹きます。ニスもいいのですが、ハケの清掃がめんどくさくて、使い慣れたウェザリングカラーでやってます
▲あとは乾燥させるだけです
▲乾いたら側面をマスキングテープで保護。天面とその近辺さえガードできていれば良いです。これはこの後の作業で、天面に盛る粘土や塗料が側面について汚くなるのを防ぐためです
▲後、ベースの大きさは置くものに合わせてくださいね(最初にやるのでは!?こちらは1/48 シャーマン ファイアフライ)。置き方、置いた物の進行方向とかシチュエーションを考えます。この時間はとても楽しいです
▲可愛い星とかクッキーじゃなくてごめんね。あなたは「地面」になるの。色は白がオススメです。何色にも染まるからです
▲袋を開けて、だいたいこのくらい使うかな〜とアバウトで良いです。100円ですのでケチらない!
▲指先を水で濡らし、粘土をこねこね。紙粘土って手触りがいいんですよ〜。気持ちヨシ!
▲先ほどの木のボックスベースに紙粘土を盛って行きます。全体に伸ばしましょう。この時に起伏をつけたいところなどは多めに盛ります
▲濡らした指先で、表面を整形して、自分の思い描く地面にしていきます。幼稚園や小学生の時に楽しんだ粘土遊びの記憶を呼び起こすのです!
▲ある程度乾いてきたらひとつポイントがあります。それは戦車の履帯跡やロボットの足跡をスタンプすることです。こうすることで、「ここまで動いてきた」ということを演出できます。形跡が何もないとワープしてきたみたいに見えます
▲こんな雑な感じですが、失敗したら指でギュッと押してもう一回スタンプすれば大丈夫。これで地面の基本的な形は完成!紙粘土がしっかりと固まるまで待ちましょう。今回はここまで!

 まずは地面だけに基礎工事となる工程をご紹介しました。使用するボックスはある程度の高さがある物を選ぶと良いです。古来より特別なものを飾るときは地面よりちょっと距離を離すために、土台の上に置かれる空間演出を人々は楽しんできました。模型もあなたにとって「特別なもの」に当てはまりますよね?

 そして紙粘土です。準備も楽、取り扱いも楽の一石二鳥のマテリアル。地面も表情もつけやすいです。指だけではなく、ヘラで整えたり、硬めの歯ブラシでぽんぽん叩いたりして表情をつけるとさらに豊かな地面になります。次回はこのベースに彩色をしていきます!すでにnippperで紹介しているマテリアルが続々登場しますよ!お楽しみに。

不二貿易 キューブボックス 幅34.5cm ナチュラル 組み合わせ自由 81899

不二貿易 キューブボックス 幅34.5cm ナチュラル 組み合わせ自由 81899

896円(10/19 23:03時点)
Amazon
スギウラ(Sugiura) 桐箱 はがき用 小・MB27

スギウラ(Sugiura) 桐箱 はがき用 小・MB27

781円(10/19 23:03時点)
Amazon
ねんどの王様 2個セット 軽量 図工 模型 造形 フィギュア 自宅学習 自学 自習 家庭学習 勉強 ワーク

ねんどの王様 2個セット 軽量 図工 模型 造形 フィギュア 自宅学習 自学 自習 家庭学習 勉強 ワーク

397円(10/19 23:16時点)
Amazon
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。