タミヤ 飛燕の鮮やかな赤を筆塗りで決めよう!/初めて作るヒコーキモケイ

 これから飛行機のプラモを作ってみたいという人に向けて、いっしょにイチから楽しんでいく連載「初めて作るヒコーキモケイ」。今回は飛燕の中でもひと際目立つ、「尾翼の赤」を筆塗りでチャレンジしてみるよ!!

▲塗装図をチェックしようね!

 胴体に対して縦に繋がっているのが「垂直尾翼」。胴体から横ににょきっと生えているのが「水平尾翼」と言います。今回塗る飛燕は、ここが鮮やかな赤! ここを丁寧に塗れれば、あなたの模型が映えること間違いなしです!!

▲使用する筆はタミヤの3本セット「タミヤモデリングブラシ HF スタンダードセット」を使用するよ

▲赤は水性ホビーカラーの3番レッドを使用するよ
▲ランナーのタグで試し塗りしてみようね

 鮮やかな色は、プラスチックのグレーの色の影響を受けやすいです。いきなりパーツに直接塗るのではなく、ランナーのタグとかに試し塗りすると、塗装した時にどのような色味になるのか確認することができてオススメです。その塗料の塗り心地も体感できます。

▲2度塗りでしっかり鮮やかな赤になったよ。早速パーツに赤を塗ってみよう!!
▲水平尾翼はランナー状態で塗りのがオススメ!

 水平尾翼は切り離すと、持つところがほぼ無くなってしまいます。ランナーに付いたまま塗装すると塗りやすいですよ。

▲水平尾翼の表と裏を塗ったら、じっくり乾かすよ。慌てない、慌てない
▲銀を塗った時のように、水性ホビーカラー専用うすめ液を少量入れて薄くした赤で、再度塗装するよ
▲塗料の伸びも凄く良いので、鮮やかな赤を筆塗りでキレイに塗ることができたよ!! 完全に乾いたのを確認したら、パーツをゲートから切り離そう!
▲塗装した面に、ニッパーの刃が当たらないように気を付けてカットしようね
▲パーツをカットすると、ゲートがあった場所だけ赤ではなくグレーになっているよ。このゲート痕に赤をちょんちょんと塗ってキレイにしてあげようね

 お次は垂直尾翼の塗装です! 胴体と一体になっているので、はみ出さないように慎重に塗装しましょう。3本セットの筆の中から、極細面相筆をチョイスします!!

▲銀と赤の塗り分けの境目を、極細面相筆で塗って行くよ
▲境界線が塗れたら、他の部分は平筆で一気に塗装していこう。水平尾翼を塗った時のように、2度塗りしてキレイに発色させようね
▲塗装完了……あ、赤がはみ出てる……

 気を付けて塗装していても、このようにはみ出してしまうことはよくあることです。大丈夫!! この程度なら一瞬で修正できますよ。

▲極細面相筆で銀を塗ればOK!!

 はみ出した塗料が乾いていることを確認したら、極細面相筆に胴体色である銀を含ませて、はみ出した赤を塗りつぶします! これで問題無し!!! 見事赤の塗り分けが完了しました。
 水性ホビーカラーの赤は、発色も定着も良くとても塗りやすいので、筆塗りでも楽しく塗ることができました!!! 銀に赤が入るとテンションが上がりますね。塗装編もまもなくクライマックス。次回はキャノピー塗装をご紹介します!! お楽しみに~。

▲次回はクリアーパーツの塗装ポイントをお届けするよ~。またね~
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。