筆塗りでかっこいい銀翼を手に入れようぜ!!/初めて作るヒコーキモケイ

▲水性ホビーカラーの8番シルバーの筆塗りで完成した飛燕!! この連載を読めば初めてでもここまでできるよ!! 一緒に楽しもう

 これから飛行機のプラモを作ってみたいという人に向けて、いっしょにイチから楽しんでいく連載「初めて作るヒコーキモケイ」。前回の胴体塗装に続き、今回は飛行機の大きな翼「主翼」のシルバー塗装にチャレンジです!!! 行ってみましょう~~~。

▲胴体塗装はこちらからどうぞ
▲翼を塗りたいけど、どこ持てばよいかな~~~

▲良い場所ミッケ!! 中央ブロックの一番下の出っ張りは、胴体パーツとの接続部。ここを持つと塗りやすそうだね。また接続部は、飛行機の裏面になるから、もし指紋とかを付けてしまっても目立たなそうだよ

▲今回の筆塗りは、多くの模型量販店で売っているタミヤの3本セット「モデリングブラシ HF スタンダードセット」で塗っているよ。セット内の平筆No.0で塗って行くね
▲安価で買いやすいこの3本セット筆を使いこなすコツは、こちらの記事からどうぞ!!

▲翼を一気に塗装していくと、翼の前後のフチに塗料が溜まってしまい、見た目が悪くなるよ。これを回避するために、先にフチだけ塗ってしまうのがポイントなんだ

▲塗り続けて、筆から塗料が出なくなってきたら……
▲小まめに筆を洗って、もう一度塗料を含ませてから塗装をリスタートしようね
▲前後のフチが塗れたよ。裏面のフチも塗ろうね
▲塗り絵のように、内側を塗りつぶしていくイメージで塗って行くよ

 塗り絵で広い面を塗る時、フチだけ先に塗って、中を塗りつぶしたりしますよね。あの感覚で、翼を塗っていきます。翼は面積が広いから、筆のストロークを長くし過ぎると、塗り始めと塗り終わりで塗られた塗料の量に大きな差が出てしまい、仕上がりが汚くなってしまいます。短いタッチで、上から下に筆を動かしながら横にスライドするように塗っていきましょう! 1回目は下地のグレーが透けるくらいで大丈夫。薄く塗り広げましょう。

▲フチと内側で差があっても大丈夫だよ!!

 1回目の塗りが終わりました。先に塗ったフチの方がしっかりと発色していますね。1回目はこのくらいで全く問題無し!! 乾いてから塗り重ねていくと、フチの部分と内側の差が無くなって自然になります

▲完全に乾いたら、2回目を塗るよ!!

 胴体や翼のような広い面積を塗る時は、焦らないのが成功するカギ。塗りムラや、筆を返して塗料を抉ってしまったりしても、一旦ガマン!! 完全に乾いてから再度塗ることで簡単にかつキレイに修正できますよ。

▲2回目の塗装が終了!!

 まだフチと内側の差が目立ちますが、かなり銀が発色してきました!! 乾いたら再度塗りたいところですが、このまま同じ濃度の塗料を塗り続けると、厚塗りになるばかり。いったん塗料の濃度を調整してから再塗装します。

▲水性ホビーカラー専用うすめ液を少量加えて、薄くするよ
▲筆を動かす方向をお好みでどうぞ!!

 薄くした銀を塗っていきます。この時、縦方向に筆を動かせば、より筆目が強調されたテクスチャー感が強い翼になります。横方向に動かせすと、縦の筆目が抑えられて、平滑な塗面に近づきます。どちらもかっこいいからお好きな方法で塗ってください。

▲翼の塗装が完了!!!

 左翼は縦方向に筆を動かして塗り重ねた状態。右翼は横方向に筆を動かして塗り重ねた状態。翼の表面の表情が変わっているのが分かると思います。フチとの差もほとんどなく、いい感じに塗り上げることができました!!
 今回ご紹介したように、翼の塗装はフチ→中面と塗って行くと塗りやすいです。筆目の雰囲気は、筆を動かす方向で変えられますので、あなたの好きな雰囲気になる方向に動かしてください!! 次回は細部塗装のポイントをお届けします。お楽しみに~。

▲次回は飛燕のアクセントカラーになる「赤」を塗って行くよ!!!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。