「アクリル拭き取り」のもうひとつの楽しみ方。誰でもかっこよく塗装剥げが楽しめます!!

▲塗装剥げによって、下地の色や銀が露出した表現ってかっこいいですよね!! ラッカー塗料と水性アクリル塗料の組み合わせなら気軽に楽しめますよ!

 加藤茶常さんが提案した素晴らしい技法、「アクリル拭き取り」。ラッカー系塗料がアクリル系塗料の溶剤では溶けないことを活かした塗装法です。詳しくは下のリンクから記事を読んでね。

▲BB戦士や、細かい塗分けのあるモチーフに最高の必殺技でございます!

 今回ご紹介する方法も、ラッカー系塗料を最初に塗って、その上からアクリル系塗料を塗装。乾燥後にアクリル系塗料を拭き取るというもの。今回は綺麗に拭き取るのではなく、アクリル系溶剤を染み込ませた筆でドライブラシします! すると表面に塗られた塗料だけが剥がれて、戦闘や経年変化で塗装が剥がれた様子を表現できるんです!!

▲ラッカースプレーの銀を塗ります。ラッカースプレーは換気を良くして塗りましょうね
▲こんな風にざらついてしまっても大丈夫!! 仕上がりはいい感じになりますよ
▲タミヤアクリルの濃緑色を全体に塗ってみます。エアブラシで塗装しましたが、筆塗りでもいいですよ

 ラッカーの銀の上から、タミヤアクリルの濃緑色を塗装。ラッカー→水性アクリルの順番さえ守れば、どんな色の組み合わせでも可能です。特にこの塗装方法、ガンプラとめちゃくちゃ相性が良いのです。砂漠やジャングルで施された、サンドカラーやグリーンなどの応急迷彩塗装が剥がれて、モビルスーツの元の色が露出しているような表現には最高です。

▲塗装を剥がしていきます。用意するのはボロボロの固めの筆と、タミヤアクリル溶剤です
▲筆にアクリル溶剤を染み込ませます
▲アクリル溶剤をしっかりと拭き取ります。筆がうっすら湿っているくらいで良いです
▲あとは剥がしたい部分に、カサカサと筆を擦りつけていくだけ!
▲上の緑が剥がれて、下地の銀が露出した様子を表現できました!!
▲この方法で塗装した迷彩です

 こうやって、塗料の耐性の違い、ラッカー>水性アクリル塗料ということを知っていると、塗装表現はさらに広がっていきます。タミヤなら、タミヤラッカー→タミヤアクリル。GSIクレオスなら、Mr.カラー→水性ホビーカラーの順で塗って、アクリル系の溶剤で剥がしてみましょう。様々な塗料を使ってみることで、プラモ塗装はさらに楽しくなります。ひと種類だけでなく複数種類の塗料を使ってくださいね!! それでは~。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。