芯からズぶとい、小さくても確かな作りごたえ「レベル 1/72ティーガーI型」

▲手のひらサイズな1/72の11.8cm、でも180パーツ!?

 年が明けて寅年なのでティーガー戦車を作りたい。それも安くて手軽に気楽に作れそうな小さいやつが。ということで、模型屋さんの棚で小さいティーガーを物色したら、ありましたよ1/72で手頃な価格なティーガーが。パッケージの力強さと1/72の文字でワクワクしながら帰宅し箱をオープン!!

▲転輪!軌道輪!誘導輪!履帯!ぜーんぶバラバラ!いやパーツ数多い!手軽じゃない!むしろズぶとい!各パーツのディテールはシッカリシャッキリ、特徴的な波打ったグリルもバッチリ。パーツ数の表記を完全に見落としていました。

 購入前にパーツ数を完全に見落としていました!! バラバラ祭り!!! でも各パーツのディテールはシッカリシャッキリ、特徴的なグリルもバッチリ。うかつに手を出すと火傷しそうなハードボイルドさ。パッケージのレベル4は伊達じゃありません。これは手軽じゃすまないかも……ということで背筋を伸ばし手を動かしていきます。模型は手を動かし続ければ形になるのです。説明書に従い黙々と組み立てていきます。黙って手を動かします。が、スモークディスチャージャーのパーツがハマらない、というかハメる穴がない!?

▲ハメる穴が無い、ので無理やり接着!

 このキット、説明書には書かれていませんが、スモークディスチャージャーやサイドスカートを取り付ける穴をパーツ裏のガイドにしたがって空けておく必要があります。さすがハードボイルド、多くは語りません。口数の少ないマンダムなキットです。

▲一切説明ありませんが、サイドスカートを取り付ける場合は、この時点で穴を空けておく必要があります。私は手遅れでした
▲一切説明ありませんが、軌道輪の歯をズレなく揃えて組む必要があります。私は手遅れでした
▲しかし! やり続ければ完成するのだ!! 1/72スケールとサイズは小さいけど、スパルタンな内容のティーガーIは完成すると可愛くてしょうがない!!!

 ハードボイルドどころかとんでもないスパルタンなキットにメッタ打ちにされながら、シッカリとしたディテールをたずさえた各パーツを接着していけば、ちゃんと完成してしまうのが、模型の楽しいところ。すべての作業が終われば、机の片隅に飾れる小サイズながら超かっこいいティーガー戦車があらわれます。どんなに打ちのめされても、この満足感があるから、模型は楽しくてやめられません!! スパルタンでミニスケらしからぬアニキなプラモですが、レベルの1/72 ティーガーIは僕の心を満足させてくれました!

優しい人間
優しい人間

1988年生まれ。ニッパーを読み始めてからガンプラだけでなくミリタリーにも手を出し始めた。普段のお仕事は重機オペレーター。