タミヤ「ウェザリングマスター Bセット」の雪は溶かして遊べ! 10分で冬季迷彩が爆誕します。

▲おらさ、故郷を思い出す冬季迷彩にしてくんろ!!!

 セミウェットタイプの汚し塗装用塗料「タミヤウェザリングマスター」。スノーやスス、サビを施すことができるBセットも今回が最終回。最後はこのセットのメインディッシュ「スノー」で爆裂に遊びます。雪なんだから溶かして遊ぼうぜ!!!

▲ついに3色目です。ススもサビも最高。このセット、本当に良いですよ
▲スノーはスポンジで擦り付けるとこんな感じ。これでも十分に冬季迷彩の雰囲気がでますね。白はやっぱりスペシャルな色ですね〜。どんな戦車もこの色を塗れば冬季迷彩です

 ウェザリングマスターはタミヤのアクリル溶剤で溶かして、液状の塗料にすることが可能です。セミウェットの状態で擦り付けると粉的なものを擦り付けて白くした雰囲気が出ますが、液状にすると現地で白い水性塗料などを塗って冬季迷彩を施した雰囲気にできます。

▲タミヤアクリル溶剤で溶かしたスノーを思いっきり塗りたくります!! ジャンジャン塗ろう
▲できた!!! めっちゃ雑でいいんです!

 塗りたくって乾燥させます。戦場ではこのままでも良いかもしれませんが、プラモとして平和なお部屋に飾っておくと少々雑味が強いです。迷彩がところどころ落ちて歴戦の風貌にして、まるで鬼軍曹が乗っているような雰囲気にしたいじゃないですか。

▲そんな時はアクリル溶剤、もしくはエナメル溶剤を染み込ませた綿棒で余分な塗料を拭き取ってあげましょう。溶剤を使用するとかなり綺麗に拭き取ることができます
▲水を使用すると、溶剤のように完全に拭き取ることができません。ただ、冬季迷彩の「ヤレ感」を演出するにはこれくらいが最適! うっすらと白が残ったかっこいい表情を作り出すことができます

 ビシッと落としたいところは溶剤で、残し気味にしたい場合は水を含ませた綿棒で擦ってあげると、どんどん冬季迷彩がやれてきて、歴戦の雰囲気を帯びてきます。カッコよくしてやりましょう!

▲塗装してから10分でこうなります!!! 塗りたくって、綿棒で擦っただけ

 綿棒で擦っているだけでどんどんカッコ良くなっていきます。これが楽しくないわけありません! 初めて冬季迷彩にチャレンジしても、絶対に良い感じになるのでおすすめです。そしてウェザリングマスターだからこそ、この後のもう1手が超お手軽にできるんです。

▲この上からスポンジでパレットの塗料を擦り付ければ、塗料を落とし過ぎてしまったところのリタッチも簡単にできます

 綿棒で拭い過ぎてしまった箇所は、そのままウェザリングマスターのスノーを擦り付けましょう。白を簡単に復活させることができます。リカバーもお手軽にできる便利なウェザリングマスターのスノーで、この冬ぜひ冬季迷彩という塗装テリトリーを、自分の中に獲得してください!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。