指で擦れ! 溶かして遊べ!! 「タミヤウェザリングマスターAセット」で汚し塗装の王道をお手軽に楽しむ。

▲俺は指で使うのが大好き! 塗料にドシッ!!
▲擦る!!! 決まった〜〜〜!!!

メイク道具のようなデザインで愛されるタミヤのウェザリングマスター。擦り付けるだけで汚れ塗装やグラデーションを楽しめるセミウェットタイプの塗料として人気を博しています。シリーズラインナップもかなり豊富になってきたので、改めて一つずつ使ってみようかな〜と思いました。今回ご紹介する「Aセット」は、汚しの王道カラーである「サンド」「ライトサンド」「マッド」の3色。これ一つで脚周りはかなりいい感じに汚すことができます。僕はこの塗料を指で擦ったり、溶剤で溶かしたりして使用することが多いです!

▲ウェザリングマスターの最強の相棒は「つや消しクリアー」。つや消しを吹いてから擦り付けると、がっちり模型に定着します
▲こんなふうにセミウェットの塗料とスポンジ&ブラシが入っています
▲僕は全体につや消しは吹かずに、ウェザリングマスターを擦り付けたい場所周辺のみにスプレーすることが多いです。光沢感が少し残っている完成状態が好きだからです
▲付属のブラシやスポンジで本当に擦るだけで、塗料が乗って、ぼこり汚れや土汚れが表現できます。パーツの角に明るめの「ライトサンド」を擦ってあげればハイライト効果にもなりますよ

 ウェザリングマスター単品だけでも十分にウェザリングを楽しめるのですが、この商品のすごいところが、自社のアクリル溶剤を使うと可能性が無限大になってしまうことなのです。

▲早速アクリル溶剤で溶かしてみますね
▲パレットから塗料を取り出します
▲溶剤で溶かすと、いきなり泥水っぽくなります。これを筆で塗るだけでかっこいい泥汚れができます
▲この色味! 絶妙ですね〜〜
▲乾いたら指でゴシゴシ。めちゃくちゃ良い表情になりますよ! 騙されたと思ってやってみて!!
▲アクリル溶剤を染み込ませた綿棒で拭うと綺麗に塗料を落とせます

 アクリル溶剤で溶ける特性を活かして僕がよくやるの方法が以下になります。アクリル溶剤ですこ〜し湿らせた筆で、パレットの塗料を擦り、筆先につけます。ほんのり湿った筆に塗料がつくので、ただドライブラシするより塗料が模型に乗ります。これは光沢面のパーツにもっとこの塗料を乗せたいな〜っと思って施したが始まりです。

▲アクリル溶剤を筆に染み込ませたら、ペーパータオルで溶剤の量をコントロール。うっすら湿っている感じにします
▲塗料へGO!!! 筆を押し付けすぎないように、塗料の表面を撫でるようにしてください
▲ドライブラシの要領で擦るだけ! 普通にウェザリングマスターを使うより、ウェットな状態の塗料を擦り付けているので、光沢面にも色が乗り、強めに表情が出ます。メリハリをより強く出したい時にもオススメです
▲お手軽に砂埃や泥汚れをつけることができてめちゃくちゃ楽しいですね!

 Aセットはウェザリングマスターの中でも王道のセット。これだけで埃や土系の汚れは表現できるでしょう。さらにあなた自身の指によってランダムな汚しがあっという間にできるのも面白いです。指とウェザリングマスターはまじで相思相愛です。そしてアクリル溶剤があればさらなる可能性があなたを待っています。ど定番として愛されるこのタミヤ ウェザリングマスター。まだまだ可能性だらけなので、どんどん使っていこうと思います! では、また次のウェザリングマスター体験でお会いしましょう〜〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。