5体のフィギュアを一気塗り! お手軽に雰囲気アニキを量産だ。/アフリカと俺 2021 「タミヤ ドイツIV号戦車G型初期生産車」

▲砲塔を回してみたら、後ろに立っていたアニキが落ちました

戦車にたくさんアニキたちを乗せて、気分もアゲアゲで行きたい! でもたくさん塗るのはしんどいよ〜って思いますよね。それなのに、タミヤIV号戦車G型の巷の作品を見ていたらみんなアニキたちを塗っていて本当にすごい!!! 感動しました。キットのフィギュアが本当にかっこよかったこともその理由だと思います。本当にこのキット楽しいよね〜〜。まぁ、それでも大量のアニキを「らしく」仕上げるのは大変です。そこで今回はそれらしくアニキを大量生産できる塗装方法で塗ってみました。1日で全て塗りあがっています。

▲まずはアニキたちに黒スプレーを吹きます。全体には吹きません。そして黒はつや消し黒、もしくは黒サーフェイサーがおすすめです。フミテシは今回間違えて光沢の黒を塗ってしまい、5人の黒光りアニキが爆誕してしまいました
▲こんな感じで「下方向からだけ」黒を吹き付けます。ディテールの入り組んだ部分や裏側など影になる部分の下地塗装が完了します
▲次は白を塗ります。俺はホワイトサーフェイサーを使用します。ラッカーでも水性でもどちらでもOKです。お好みでどうぞ
▲これを「上方向からだけ」吹き付けます。これにより光が当たる明るい部分の下地が完成します
▲影になる部分と光が当たる部分を下地塗料の明暗で先に表現しておきます

ゲームズワークショップのミニチュア、ウォーハンマーの塗装を、オフィシャルショップである「ウォーハンマーストア」で教わっている時に、この方法を教えてもらいました。小さいミニチュアの明暗をくっきりだし雰囲気重視になる方法で、初めてやった時にお手軽で楽しい〜っと思ったので戦車模型のアニキたちにも取り入れました。このまま塗っていっても良いのですが、「肌」のコントロールは「黒」が塗ってあると難しいので、自分は肌だけは「白」で整え直します。

▲肌の部分だけ「白」で整えます
▲この後、肌以外を塗っていきます
▲衣服や装備品を塗装。下地の陰影が効いて、塗料を上塗りするだけで下地が透けてグラデーションになります

大量のフィギュアの肌を塗るのに便利なのがシタデルカラーのシェイドカラーを使用した染め塗りです。「レイクランドフレッシュシェイド」をひと塗りするだけで、肌色に染まります。この方法をやる時に、下地が黒だと染まりません。だから肌を一度白で整えていたのです。

▲シタデルカラーでもぜひとも1本持っていて欲しいおすすめカラー「レイクランドフレッシュシェイド」
▲さっとひと塗りしただけで、うっすらと肌色に染まります。完全乾燥後にもう一度染めれば、より濃い肌色になります
▲後は各部をタミヤのスミ入れ塗料でスミ入れすれば完成です

この方法はさらに塗り込んでいくのにも便利な塗装方法です。既にグラデーションが下地でできているので、それを目安に明るい色や暗い色を塗っていくことができるのです。なので気が向いた時に「もう少し塗り込んみよう〜」ってこともできます。一気にたくさんのフィギュアを塗る時や、フィギュア塗装に迷っている人は一度やってみてください。かなり良い感じに仕上がりますよ!

▲左のIV号F型のアニキたちも同じ方法で塗っています! 黒の軍服もいい感じになりまっせ
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。