難しいクリアーレッドの塗装に最強の味方出現。超高速発色、彩度抜群の「クリアールージュ」で3倍速のプラモ塗装を!

 いきなりですが、メタリックレッドの話。いわゆる銀の上にクリアーを重ねるキャンディ塗装で輝く赤を塗りたいとします。

 で、上の写真はスーパージュラルミンの上にクリアーレッド。スーパージュラルミンはトップコートすると粒子が溶け出して輝きが濁りがちだということですが、とりあえず実験ね。クリアーレッドって案外塗るのが難しい。発色がめっちゃマイルドなので最初はピンクに色づき、じっくり乗せていけば発色していきます。とはいえ急いで発色させようと濃いめで吹けばツヤが出ないし、ツヤ出すために薄めに希釈してバンバカ吹いてると、表面に乗った塗料がエア圧で流れてしまう。正直コントロールがすごくムズいんですよね。

 で、発色の良いGSIクレオスの「GX」のラインにはディープクリアレッドという塗料があります。これは確かにすごいスピードで発色するのですが、その名の通り赤というよりも臙脂色。光沢はあれど血豆みたいな色になってしまい、メタリックレッドがほしいときにどうしても「暗いなぁ」という感じになりがちです。

 そこで今回GSIクレオスより発売された新色、「クリアルージュ」ですよ。スプーンの先端がクリアーレッド、根本がディープクリアレッドで、真ん中がクリアルージュを重ねたもの。GXラインなのでとにかく発色が速い!見てのとおり、めちゃめちゃに彩度が高く、まさに「赤く輝くメタリック」が表現できます。これはすごい。ありそうでなかったんだよきれいに素早く発色するクリアーな赤。

▲こりゃいいぞ、とSDガンダムの赤いランナーにスーパージュラルミンを塗ります。すっごい輝き……。

 そこにGXクリアルージュを乗せるとあっという間にメタリックレッドが爆誕!こんなに素早く、狙った「赤」になるのはめっちゃうれしい。ディープクリアレッドとの混色で深みを出したり、少しクリアーブルーを足して色味をコントロールすることも可能。下地をゴールドにすればもうちょい朱色っぽい輝きにすることもできます。うひょー!

 つうことで、金色のパーツをスーパーカッパーで丸吹き、レッドのパーツはクリアルージュを使ったメタリックレッドで「SDW HEROES エドワードセカンドV」が完成!正直ゴールドは「スーパーリッチゴールド」で塗装したほうがイメージ通りだったかもしれませんが、レッドの部分はおでこやベルトのシールとドンピシャの色味で艶やかさUP!狙い通りの色が作れると、こんなふうに部分塗装でもあっという間に(わりと)ゴージャスな完成品が手に入りますよ、という話です。そんじゃまた!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。