6パーツで組み上がるイケてるパイロットに惚れる。/タミヤとイタレリタッグの100%本気なジェット機プラモ「1/32 トーネード」を楽しむ。

▲実際の装備を着用した人を3Dスキャンして、さらにスキャンデータをプラモとしてカッコ良くなるように原型師が造形した最高にクールなパイロットフィギュアに会いにいこう

イタリアの老舗プラモメーカーによる完全新規金型の超意欲作「1/32スケール トーネード GR.4 」に、タミヤのハイディテールパイロットフィギュアがセットになったスペシャルプラモが発売となりました。でかいジェット機! しかも完全新規金型ってだけでワクワクするのに、さらにタミヤの3Dスキャン技術と原型師の技が融合したかっこいいアニキまで堪能できる……。これは2021年に組んでみたい飛行機プラモですね! まずは日本の味「アニキ」から味わいます。

▲撮影ブースに入らない箱。お外で撮影。庭掃除していた近所の仲良しのおばちゃんが「でっかい箱ね〜。それ何? プラモデル? すごいね〜」ってびっくり

イギリス、イタリア、西ドイツが共同開発して生まれた多用途戦闘攻撃機が「トーネード」です。可変後退翼と双発エンジンを装備し、まるでヨーロッパ版トムキャット。シルエットの美しさはトムキャットには及ばないと俺は思いますが、それでも魅力的で一度は作って見たいな〜と思っていた飛行機でした。

▲こちらが本キットのもうひとつの主役「タミヤ製パイロットフィギュア」です。パイロットとナビゲーターが搭乗するので2体セットされます
▲腕が4本ありますね! 共通の胴体と頭部に対して、腕の差異でパイロットとナビゲーターを作り分けます
▲タミヤの昨今のフィギュアは、パーツの組み合わせが誰でも綺麗にいくように、大きめの軸やダボが用意されカチッと組み合います。腕の裏も太ももにピッタリと合う形状に造形されているので……
▲ご覧の通りピタッと右腕が太ももに密着。まるで一体成型されているかのような仕上がり
▲5分でこのかっこいいパイロットを味わえます。1/35スケールよりも大きい1/32スケールの高解像度アニキの存在感は抜群です
▲肩のシワの入り方の調整や、操縦桿を握るパイロットの右腕の胴体への食い込む角度などが超絶妙になっているので、共通ボディなのに差異あるポーズが自然に決まっています。すごい!
▲イタレリのまろやかグレーの成型色の椅子と、タミヤのパキッとしたグレーのマリアージュ。かっこいいぜ

それぞれ6パーツでこんなにかっこいいアニキが完成するタミヤ製のトーネード用パイロットフィギュア。しかもこのパイロットを乗せるだけで、椅子に貼り付ける細かなエッチングパーツの工程をジャンプできます! 頼れるアニキの力です。

▲パイロットを乗せる、乗せない……どちらも高解像度な味を堪能できますのでお好みでどうぞ

初っ端からワクワクさせてくれた1/32 トーネード。次は飛行機本体を組んでいこうと思います。お楽しみに〜!! イギリス・ダックスフォードで見たあの記憶が俺の中で甦る!!

▲鮨詰め状態のダックスフォードにいたトーネード。写真撮るの難しすぎな場所にあったな〜〜
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。