プラモ塗装の難所、マスキングにコツはない。あるのは「引き出しの数」のみなり!

 色の境界をハッキリとさせたり、フワッとボケた境界を作ったり。フリーハンドでうまくいく場合もあるけど、キレイに仕上げるなら欠かせないのが「マスキング」という方法です。テープやその他マテリアルを使って塗りたくないところをカバーする、という単純な話なんですが、これがまためんどくさい。プラモ作りってだいたい繊細な作業の連続なのでどの工程にも「めんどくさい」という成分が入るもんだと思いますが、それにしても「マスキングが好きで好きで仕方がない」という人は少ないんじゃないか。剥がすときは最高だけどね。

 マスキングはめんどくさい。できればやりたくない。やりたくないけど仕方ないからやるしかない。そんな気持ちから「マスキングにコツはありますか」なんて質問が飛び出しがち。そこで、先日プラモめっちゃ上手いアニキに「マスキングをバシッと決める秘訣はありますか?」とわざと聞いてみました。

 で、その答えは「マスキングの秘訣?やってりゃ終わる。黙ってやる。」ということでした。

 身も蓋もない!しかし圧倒的に真理!!

 そう、マスキングってやるしか無いんですよ。あらかじめ目的の形に切り出したテープを貼るか、貼ってから目的のカタチを切り出すか。

 モデルアート最新号は「マスキング材活用術」が巻頭特集。とにかくもうマスキングに使えるマテリアルやツールがめちゃくちゃいっぱい載っていて、その具体的な使用方法と結果がドバドバ掲載されています。テープだけじゃなくてカット済みのシートとかゾルとかガムみたいなものとかそもそも模型用じゃないものとか……。

 はい。大事なのは「どうしたいか」なんですよね。マスキングテープを使ってなんでもかんでもやる、というのは遠回りになることがあります。プラモを楽してキレイに作れたらなぁ……というニーズに合わせて世の中にはさまざまなマスキング材が流通しています。うねうねした模様を作るには?規則的なパターンを作るには?ボケ足を一定に保ちながら迷彩塗装をするには?という要求に合わせたマスキング材を「知っている」「持っている」「使える」ということがすごく大事。「適材適所 is 技」だと思うんですよ。

 避けて通れないからこそ、「やってりゃ終わる」と同時に、「適切なマスキング材を繰り出す」というのはすごく重要なこと。格闘技と同じで、相手がこう来たらこう攻める!こう避ける!というのを自分の中にたくさんストックしておいて、無意識に繰り出せることが勝利のカギ。プラモがなんだか嫌になっちゃうな〜って瞬間を少しでも減らすために、知識と使い方をアップデートしておきましょう。

 個人的には「これやれって言われたら絶対イヤだな〜」って思った米海軍のダズル迷彩を目からウロコ的メソッドでズビっと解決しちゃうこの記事がすっごく刺さりました。ちょびっとお金払えばこんなに便利な方法が使えるなら、明日から真似したい!どうやってマスキングしているのかはモデルアートを読んでくれよな!

 そしてこの写真!海外モデラーの紹介記事なのですが、一見模型に見えなくてまじすごい。これ以外にも「え、これ模型なんですか!?」というド派手なアクションを感じられる作品がいっぱい収録されているので、これまたすっごく刺激になります。

 ということでモデルアート最新号、マスキングに苦手意識を持っている人も、「フフン、オレはマスキングテープを実直に切り出して忍耐力でなんとかしてるもんね」という人も、ぜひ読んでほしいマスキング最前線になっていますので絶対に買いましょう。そんじゃまた。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。