俺はゲッコウガのプラモデルに100点満点をあげたい。

 ゲッコウガって知ってます?

 私もよく知らなかったんですけど、よく考えたら今まで作ったプラモデルのほとんどは知らないもの。そういう意味ではゲッコウガも飛行機も戦車も似たようなものかも知れません。プラモを通じて何かを知り、そこから興味関心が広がる。

 ゲッコウガはカエルと忍者をモチーフにしたポケモンだそうですが、機敏さを感じさせる見た目がかっこよいデザインでとても興味深く、密かに発売を楽しみにしていたプラモデル。調べてみるととっても人気なポケモンで、いろいろなグッズが発売されています。

 このプラモデル、ポケプラ特有の組み立てスピード感はもとより、ポーズのつけやすさが本当に最高。片足が付け替えられて、スパイダーマンみたいなポーズを楽勝でつけられます。しかも手足がすらっと長いもんだから、とにかく絵になる。ポケモンなので人間っぽくないアンバランスな関節構造で、余計に「闇夜に紛れる忍者感」を増幅させます。

 加えて、自立させるためのバランス取りが本当良いですね。下半身のポーズを自立するように安定させれば腕はかなり自由。そして持たせる水手裏剣がこれまたかっこいい。さらに刀もあるのだから100点満点。

 驚きのバランス感覚は、グラスの上でもピタッとポーズが決まるほど。とにかく見た目から来る期待を裏切らないプラモデル。こういう躍動感が命のモチーフがプラモデルとして生き生きと自分の目の前に誕生するのは本当に楽しい。ピシッと尖った頭部やピターっと吸い付きそうな手足や薄い水掻き。どれだってプラモデルならではの再現力です。

 そして、「ポーズをつけるとかっこいい」ということを組み立てた人間にしっかりとわからせる。プラモデルで遊ぶことを”ブンドド”なんて言ったりしますが、それとは違った「俺のかっこいいゲッコウガの瞬間を生み出す」楽しさがあります。決めポーズでポンと置いておくと完全に部屋の番人なので、用心棒にゲッコウガ。おすすめです。

クリスチ
クリスチ

1987年生まれ。デザインやったり広報やったり、店長やったりして、今は普通のサラリーマン。革靴や時計など、細かく手の込んだモノが好き。部屋に模型がなんとなく飾ってある生活を日々楽しんでいます。
Re:11colorsというブログもやっています。