花金だ!仕事帰りに買うプラモ。/コスパ最高・味最高!!800円で唸れるハセガワ雷電。

▲ハセガワの超レジェンドプラモ「三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 21型」は、いつだって僕たちを喜ばせてくれる最高のバリュープラモ

 フミテシが独断と偏見で週末が楽しくなるプラモをお届けする「花金プラモ」。今週は1977年にハセガワより発売されて以降ずっと愛されているレジェンドプラモ「1/72 三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電 21型」をご紹介します。現在800円(税抜き)というお得な価格ながら、その内容はシンプル is ベストと言える素晴らしいものです。30分で組み上がる手のひらサイズのかっこいい雷電で今週は乾杯しましょう!

▲B-29へと挑む雷電の姿が描かれた箱絵が目印! 本土防空のシーンを描いた一枚です

 雷電という魔法の響き。スニーキングミッションの名作ゲームのキャラクターになったり、ロボットゲームの名作メカになったりと多くの人の心に残る音がこの言葉には秘められています。「雷電」という名は愛称ではなく日本海軍が名付けた正式名称。それゆえ言葉にもパワーがあります。

 1937年の日華事変の戦訓で、海軍は基地防空用の高速戦闘機の必要性を感じたため、速度、火力、上昇力を重視した戦闘機開発を三菱に提示しました。それが雷電です。

▲特徴はこの紡錘形の迫力ある機種!!

 他の日本機にはあまりみられないこの紡錘形のゴツい機首からくるマッシブなシルエットが雷電の特徴です。これは日本の大型機「一式陸上攻撃機」などに採用された大型エンジン「火星」を採用したことにより、このシルエットが生まれました。主な活躍は日本本土に侵入する敵爆撃機の迎撃でした。

▲超シンプルな構成。箱を開けた瞬間に「今日で形になりそう!」って思わせてくれます。デカールの稲妻もかっこいいです
▲1977年のキットと侮るなかれ! このピシッとしたモールド! 当時の職人仕事をあなたの手と目で体感できます
▲僕たちはアニキがいるプラモが大好き。雷電に乗せて、戦いのない自由な空に飛ばしてあげよう!
▲コクピットの中はとってもスッキリ。細かいパーツの接着もないので、すぐに形になります
▲30分で完成です。力強いシルエットに、シャープなモールド。ピシッと合うパーツ精度。これこそ定番で愛される理由

 僕たちの先輩のプラモアニキからずっと楽しまれているレジェンドの力。もはやプラモに魔法がかかっています。その様なプラモがお店やオンラインショップの商品欄に静かに今日もあなたを待っています。ハセガワの1/72 雷電二一型もその様なプラモです。短時間で僕たちを喜ばせてくれて、さらに低価格。あなたの机の上に楽しい週末の時間の証を置くことができるハセガワの雷電。ぜひお楽しみください。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。