シタデルのスプレーと筆塗りは最強タッグ!「和なイメージの金」でド渋い信長を手に入れる。

 SDガンダムとシタデルの筆塗りの組み合わせが楽しい!という話をしまくっていますが、じつはここ最近のビッグニュースとして「シタデルの超高級金色スプレーに2本目の仲間が加わった!」というのがあります。それが上の写真のRUNELORD BRASSというカラー。ギンギラギンのゴールドもいいけど、ややくすんだ渋めのゴールドを取り入れた細かい塗り分けをするときにマジで最高なんじゃないかと思い入手しました。

 またもやお値段がマッシヴですが、これもまた「スプレーと全く同色の筆塗り用塗料がある」というのが最強のアドバンテージです。デカイ面積はまるっとスプレー。細かいところは筆塗り。これでバチピタに色味が同じになるというのがシタデルでデッキを組むことで実現します。やってみよう。

▲SDガンダム組んでる人ならおなじみのちょっと透け感のあるゴールドのランナー。一気に行くぞ!
▲塗り漏らしのないようスパスパっと吹き付けておしまい。使う量は本当に少ないので、中身はなかなか減りません。どんどん塗ろう。

 Brassというだけあって、ゴールドというより真鍮色っぽいのがキモ。上から透過性の塗料を塗れば色味も好みに変えられますが、今回はこの色をそのまま生かして進めます。このスプレーは下地塗料でもあるので、上から筆でゴンゴン塗っても大丈夫。食いつきも塗膜の堅牢さも模型用塗料の中ではピカイチです。あと乾燥がめっちゃ速いね。

 で、こちらが同名の筆塗り用塗料。RUNELOAD BRASSという色は以前レイヤーカラー(基本塗装の上から塗り重ねる透過性の低い塗料)としてシタデルカラーにラインナップされていました。左の青いラベルが旧製品。右のは全く同じ名前のまま赤いラベルになっています。そう、隠蔽力がグッと高くなったベースカラーに格上げ!スプレーと全く同じ色が筆でサクッと塗れるようになったわけですね。当然水性塗料なので水を少しだけ含ませた筆でさっと塗れて、水で筆を洗えます。

 筆塗りの場合、プラスチックに直接塗るとやや定着が弱かったり、薄めすぎで弾かれたりするので最近の私はツヤ消しスプレーを吹いてから塗ることにしています。ツルツルの表面よりもシタデルカラーがしっかり乗るし、塗らないところはプラスチックの色も活かせるのでおすすめ!

▲ふたりは仲良し……
▲マルーン(懐かしい色!)のパーツに筆でRUNELOAD BRASSを塗ります。細かいところもいい筆ならマスキング無しでスイスイ。

 バキバキした造形のおかげで、彫刻の段差を見極めて筆塗りできるのがSDガンダムのいいところ。自分が思っているよりも細密な作業をした感じが出るので立体的な塗り絵のようで面白いですね。マスキングしてたら大変ですから、シタデルカラーが活躍するのです。はみ出したところは爪楊枝で削り落とせば気になりませんよ〜。

 筆塗り部分とスプレーで塗装したパーツを見比べると、完璧なまでに同色。下地となるプラスチックの色の影響もほとんど受けてないことがわかります。高い隠蔽力のおかげでこういう組み合わせで遊べるわけですが、これができるのはシタデルカラーのスプレーと筆塗り用塗料がバシッと調整されているおかげ。

 リトリビューター・アーマーのスプレー&筆塗りで仕上げた悟空インパルスと比較すると、なるほど色味がこんなにも違います。バキバキのゴールドで塗るか、信長エピオンのようなちょっと侘び寂びのあるゴールドで塗るか。ここに陰影を付けたり上からのウォッシュ(薄い塗料で色調をプラスする塗り方)で色味を変えたりと可能性は無限大。SDガンダムワールド ヒーローズのプラモを買ってきて「せっかくなら設定と同じくらいパキパキに塗り分けてみたいな〜」と思っていたあなた、このメソッドなら肩の力を入れずにバリバリ楽しめます。そんじゃまた。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。