ヨーロッパ戦線に爆誕したガンダム!? 「第二次世界大戦最重要戦車」をタミヤ 1/48MMで楽しもう!

▲ドイツ機甲師団のお通りで〜い。いやっほ〜
▲あん? ちょっと懲らしめてやっぺよ。おい! T-34/76、ちょっとびびらせてこいや〜
▲へい! タマ取ってくっぺよ!!!

 この戦車が歴史上に存在しなかったら、ドイツ軍はソビエトを蹂躙していたかもしれません。戦車史における最重要ピースといっても過言ではない戦車「T-34/76」の登場だ!!!

▲雲の切れ間からさす御光。まさに救世主登場なシチュエーションがやばい!

 ソビエトを救い、第二次世界大戦でドイツ軍から勝利をもぎ取った原動力はまさにこの「T-34」。超地味でしょ! でもこれがびっくりするくらい強くて、ソビエトに進軍したドイツ兵を震え上がらせました。戦史の中では「T-34ショック」なんて言われたりします。まさにジオン軍がサイド7でめっちゃ強い白い悪魔とこんにちはしてしまったようなもの。ガンダム!!!

▲足回り2枚、車体、砲塔の合計4枚

 単純な構造で生産性も良く、冬季の過酷な環境でも稼働できるシステム&機動性の良さ、強力な76.2mm砲に加え、前面装甲や側面の装甲も傾斜装甲を採用しており避弾経始(装甲を傾斜させる事により、徹甲弾などの対戦車砲弾の運動エネルギーを分散させ、逸らして弾く)に優れています。ヨーロッパ戦線の帰趨(きすう)を決した、第二次世界大戦時における最重要戦車です。

▲車体のパーツ。各面が斜めになっていますね。これが傾斜装甲
▲T-34は転輪も少なくてシンプル! 戦車模型製作にとってもありがたい! 実車の整備も楽なのかな?
▲第二次世界大戦序盤ではトップクラスの威力を持つ76.2mmの戦車砲を装備。またこの戦車には多数の手すりがあって歩兵を各部に搭乗させることができます
▲奥が1943年から登場した後輩、85mm砲を搭載したスーパーなT-34、「T-34/85」。俺っちも強くなってティーガーIを倒したいぜ
▲「突撃砲の俺が相手だ!」、「やれるもんならやってみろ!」

 ドイツ軍が1941年6月22日にソビエトに侵攻したバルバロッサ作戦以降、ドイツ軍はこのT-34に悩まされ、あの車両を改良すれば倒せる! 新型で対抗だ!! とあの手この手を尽くしていきます。ですのでT-34と出会う前、出会った後ではドイツ軍の車両も大きく変化するので、T-34のプラモを作ることで、ドイツ車両のプラモもさらに楽しめるようになるんですね。そういった意味でも作ると楽しいT-34を、タミヤ 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズの手軽さで味わって見てください。それでは!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。