集え、ワールドヒーローズ!「1本4000円の缶スプレー」で実現する爆速ガンプラ塗装術。

 『SDガンダム ワールドヒーローズ』が面白すぎる。いや、正確にはモビルスーツのデザインが良すぎる。歴史上の人物と綺羅星のようなモビルスーツが合体して、それぞれの特徴を低い等身にこれでもかと詰め込んだその姿はマジで見ていて超絶楽しい。しかも色数が多くてバキバキしたCGがとんでもなく派手に動くし必殺技が毎秒繰り出されるので飽きないんですよね〜これはまいった。正直悔しい。おのずとガンプラが買わさってしまう。まだ見たことない人は上のPVを見よう。

 さて、SDガンダムと切っても切り離せないのが金色のパーツ。金はカッコいいのでだいたいのキャラクターにあしらわれており、面積もそれなりにあるし他の色との塗り分けをするとめちゃくちゃ映えるんだな。そんなときにめちゃめちゃ有効なのがシタデルカラーによる筆塗りである。

 SDガンダムは大きさがちょうどいいし、複雑な塗り分けもそこまで苦にならないハッキリしたーディテールは立体塗り絵に近い。テレビをホゲーっと見ながら水と筆だけ用意すればその強烈な隠蔽力と伸びの良さでどんどこ塗れるし、下地が透けたり溶けて混じったりすることもないのが偉い。臭わんし。

 で、金色とそうでない色を塗り分けるときに金色のパーツの色味をまずは揃えたい。前回『SDガンダムワールド 三国創傑伝』の貂蝉クシャトリヤを塗ったときはエアブラシでシタデルカラーのリトリビューターアーマーという名前の金色を無理やり吹いたのだが、これはかなりコントロールが難しいことが発覚している。

▲エアブラシで吹けるっちゃ吹けるけど、色を均一に出すにはかなり微妙なコントロールが要求されるっぽいです。

 ええい、もう下ごしらえで溶剤の匂いがするのは仕方ないとして、缶スプレーはないのか!缶スプレーは!とりあえず缶スプレーでドバーッと金色になればレディ・トゥ・筆塗りになるじゃないかよ!

 よ、よんせんにひゃくえん! 高すぎませんか!?

▲入手しました。シタデルの赤味のある金こと「リトリビューターアーマー」と同名のスプレー。

 シタデルブランドのスプレーというのは大変すごく、プラスチックはもちろん金属にもビシバシ食いつく(それだけ強い溶剤が入っているのと、ガスがLPGなのでやや匂いがキツいので注意!)。普通プラモデル用のサーフェイサー(下地塗料)は上から違う色を乗せることが想定されているけど、シタデルの場合は程度使う機会の多い色をそれぞれ用意しているので、下地塗装と基本塗装を兼ねるように設計されているのがエラいね。黒や白はもちろん、赤、青、緑などの基本色が用意されていて、隠蔽力もとんでもなく強い。

▲プラスチックの金色パーツ。ちょっと透け感があって、やや軽い印象。白や赤のパーツに自前の金色を塗るとこのパーツとちぐはぐな色になってしまう。

 シタデルのスプレーは持ったときのずっしり感がすごくて、ガスの圧力もかなり高め。ドバーッと吹くと大変な量が出るので、本当にちょっとずつ「スパッ!スパッ!」とパーツに乗せるようにしよう。

▲ランナーをくるくる回しながら吹き漏らしのないようにスパスパ。15秒くらいで全体が塗料にくるまれたら終了です。
▲重みのある金色が爆誕。表面はつやつやというよりも、ギラッと粒子感のある印象になります。

 いやこれ、初めて使ったけどすばらしい性能ですね……。冗談抜きで、感動の性能。ほんの少しのプッシュでバッシーッと金色になります。乾燥も超速いし、塗膜の堅牢さもぶっちぎり。サーフェイサーとしても最終仕上げとしてもドンと来い、というチートみたいな性能

 筆で大面積を塗ると大変だし、エアブラシを持ってないという場合でも缶スプレーは強い味方。しかし、「缶スプレーの金」って模型屋さんで探しても案外選択肢が少ないんです。まして、あとから筆塗りでこまかい塗り分けをしようと思うと、「缶スプレーと瓶入り塗料で全く同じ色味であること」が求められるわけですけど、その組み合わせは本当に乏しい。そうなると、この赤系の重い金色は現時点でわりとオンリーワンに近い存在なのだ。

▲金のスプレーの上からシタデルカラーの赤を塗る。スプレーに与えられた「下地塗料としての食いつき性能」がむちゃ高いので、すっげえ塗料のノリが良い!

 プラスチックの上から水性塗料を筆塗りすると、薄め方次第で弾かれることもあるのですが、少しだけ粒子感のある塗膜の上からならサラサラ塗れてしまう。しかもシタデルカラーの赤の発色がバキバキだし下地を溶かさないから赤い面に金の粒子が溶け出して汚いメタリックカラーになってしまうこともなし!ありがたや……。

 ちなみにバキバキに発色させたいときはシタデルカラーのなかでも「BASE」と書いてある塗料を使いましょう。「色味が鮮やかだな〜」と言いながら「LAYER」を選ぶとめっちゃ透けます。わざと透けるように調合されているのがLAYERカラー、下地がわりにビターっと発色させるよう調合されているのがBASEなのだ。

 今度は青いパーツに金色を部分塗装。こっちはプラスチックの青を活かしたいから筆で金色の部分だけを塗るんだな。使うのはさきほどの缶スプレーと同じ名前の「リトリビューターアーマー」です。塗料が弾かれたりムラになったりしないよう、下地に透明の下地塗料としてツヤ消しクリアーを吹いています。このテクはマジで便利なので全員試してみて。

▲これまた一撃でビシーッと発色するので偉い。

 下地が透けないのは赤でも金でも同じ。さて、問題はさっき吹き付けた金色とこちらの筆で塗った金色が同じトーンなのかどうかですよ。いざ、デュエル!!

▲うおおおおお、どちらも一回塗りでちゃんと同じだ。偉い。偉すぎる。

 金色にも青いトーンのと赤いトーンがあり、色調を選ぼうとすると瓶入り塗料に頼らざるを得ないというのが正直なところ。そんななか、赤系の金色で缶と瓶のトーンがバッチリ合っているというのが今回のキーポイントだ。どちらも高い隠蔽力があるので下地の色に影響されず、しっかりと同じ色に発色してくれるのもまた最高。

 大面積には缶スプレー、細部塗り分けは筆。とくにSDガンダムでは金がキリリと輝いていることが見栄えにものすごく影響してくるので、金のスプレーはマジで重宝するよね。ちょっと値段に怯むかもしれないけど、とにかく一撃でバシーッと発色するので「なんだか吹いても吹いても発色しないな」なんて感覚がない。無駄が少なくその効果も絶大から、コスパは悪くないと断言してしまおう。気の合う仲間とスプレー代をワリカンして、とりあえず金のパーツはまとめて吹いてからめいめい好きなSDガンダムを筆塗り大会なんていうのもおトクで楽しいはず。みなさんも、ぜひ!

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。