「NOマスキングな水性塗料の筆塗り」で、きらびやかなプラモデルを貴方の手に!

 水性塗料の筆塗りでプラモのハードルが下がるぞ〜という話をよくするのですが、塗料の食いつきが一気に良くなって、さらに完成品がぐっと見栄えのするものになる「つや消しトップコートを先に吹いちゃう法」を実践してみたら、これがまあ本当に調子良い。プラスチックの色を生かしたまま、気になるところにだけ塗料を塗るのが楽しい(めんどくさいところはシール貼ってもいいし、見なかったことにしてもいいし、ゴールを自分で動かせるのが最高)!

 とくにシタデルカラーは匂いしないし水道水で筆を洗えるのでリビング塗装に最適。晩ごはん食べた後にウォーターパレットと適当なマグカップ(筆洗がわり)だけ用意して、ちまちま塗り分けているとけっこう至福のひとときを味わうことができます。

 そうそう、筆は塗料の含みが良くて穂先が良く尖るものが良いね。細かい塗り分けをしたいからといってむやみに細い筆を使うと、穂先に含ませることのできる塗料が少なすぎてのびのび塗ることができません。私はとにかくそのバランスからタミヤのモデリングブラシPRO IIの「小」を使っています。わりと広い面積から極細のラインまで、オールマイティに対応してくれる最高の相棒です。

 ゴールドはエアブラシ(スプレーでも筆塗りでもOKだよ)でランナーごと塗っておいたのですが、赤い部分はちょろっと筆塗り。パーツが複雑な形状で象嵌されることで、クリアーカラーとソリッドカラーとメタリックカラーが入り組んだゴージャスな見た目になります。おもしろいな〜!

 こんなにちまちましたところもハコの絵を見ながら塗り分け。めっちゃ細かいところも0.3mmくらい段差が彫刻されていれば、筆の穂先をそこにピシッと沿わせて塗れます。やってみれば分かる。絶対塗れる!もしはみ出すのが心配なら筆を細くしようね(ここでは「超極細」を使っていますが、ぶっちゃけ「小」でもイケたなという印象。大事なのは筆の大小よりヘッドルーペと明るい照明です。これマジ)。

 クリアーカラーとソリッドカラーとメタリックカラーがバンドを組むとテンション上がる(2回目)。製造の都合上、めっちゃ近くで見るとゴールドのパーツとクリアーパープルのパーツの隙間がやや気になるんですが、フツウの距離で見ればマジでわからないので安心してください。

 段差があれば絶対に塗り分けられる……と言ったな。あれは嘘だ。はみ出したらタッチアップしろ。ゴールドがはみ出したので、メフィストンレッド(たまたまプラスチックの赤とほとんど同じ色味だったのがラッキー!)で直しています。これ、ラッカー塗料とかだと乾燥したゴールドが上から塗る赤の溶剤で溶け出して混ざってヨボヨボになって悲しい結末になります。シタデルカラーやファレホといった水性塗料は色数が豊富で下地を溶かさないのでいくらでもレタッチできるのがよろしい。上から塗るのがなんとなく嫌な人は爪楊枝でこそげ落としてもOKです。

 凹んだところに金を塗るのはハードだぜ。わざとはみ出すように塗ってからタッチアップすることにしました。いくら小さな紋様でも、大きめに書いてから周りを囲むように輪郭を上塗りして攻めていくと「うわ、オレ塗装うまい!?」ってなります。やってみて。

 ということで、貂蝉クシャトリヤが「ツヤ消しクリアーの上から筆塗り」で完成。つや消しクリアーの下ごしらえさえ出来ていれば、マスキングなしでここまで楽しめます。リビングのテーブルでも塗れるから試してみてくれよな!そんじゃまた。

<a href="/author/kalapattar/">からぱた</a>
からぱた

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。