水性塗料でプラモが塗りたい!/ジャーマングレーは「クリヤーブルー」ひとつまみで華やぎます。

▲青みがかったこのジャーマングレーの雰囲気ってかっこいいですよね〜!

 パッケージイラストや模型誌の作例でも少し青みがかったジャーマングレーで塗られているものを最近よく見ます。鉄の硬さを感じるような硬派なグレーも好きなのですが、あの色っぽいブルージャーマングレーは一度見ると、まさに「塗ってみたい」と思わせてくる魅力を僕に突きつけました。オイラは脊髄反射でジャーマングレーにそのまま青を混ぜたのですが、まぁそうはうまくはいきませんでした。そんな時閃いたのが「クリヤー塗料」の存在。基本色を濁らせることなく色味を足すことができるこのカラーに頼ってみたら、大正解でした!

▲II号戦車といえばジャーマングレー! いっちょやってみるべ
▲まずはジャーマングレーを瓶生で塗装。黒に近いかちっとしたグレーになります。これがタミヤアクリルのジャーマングレーの色です
▲ジャーマングレーを瓶生で塗った上から、ジャーマングレーに白を混ぜてグラデーションしていくとこんな雰囲気になります
▲お次はジャーマングレーにクリヤーブルーを混ぜます。少量でOKです
▲一気に華やいだ感じ! 青みがあるグレーがマッハで完成。クリヤーカラーなので変な濁りもありません。またクリヤーブルーが入ることで艶消しから半ツヤのジャーマングレーになるので、塗面のガサつきも少なくしっとりしています
▲先程のジャーマングレー+クリヤーブルーに少量の白を入れればハイライト色もすぐ完成します
▲奥のティーガーIも同じ塗装方法です。II号戦車と同じくらい明るいところからウェザリングすることでここまで締まりますので安心してください

クリヤーカラーは基本色を濁らせることなく色味を足せるのでとても便利です。特にこのジャーマングレー+クリヤーブルーは、ドイツ車両を塗装する上で、僕の中の必殺技(?)のひとつとして多くの人におすすめしたい組み合わせです。あとグラデーションで暗くしたい部分はクリヤーブルーを多めにしたジャーマングレーで塗ってみてください。すんごいいい影色になりますよ! ジャーマングレーのドイツ車両って本当にかっこいい!! II号戦車完成させるぞ〜〜〜。お楽しみにね。