「何に使うか」じゃない。プラモになっていることを祝福したいから、パレット祭り、開催!!

▲両方揃えると楽しいぞ。

 皆さんIKEAに行ったことありますか?IKEAって商品ディスプレイも凄いし商品量もパネェんですが、やっぱりすげえなあと思うのは商品ストックの棚。インディジョーンズの51番倉庫みたいだとも言われますが、大量の商品がパレットに載せられ、天井近くまであるラックに整然と並べられているのは壮観の一言に尽きます。そうです。今日はパレットのプラモデルです。

▲画像は「WOODEN PALLETS」と「HAND PALLET TRUCK SET」の中身。

 パレットというのは効率的に荷物を積載し、移動や保管を素早く行えるという優れた道具。一枚のパレットに約1tの荷物を載せる事が出来るそうで、木製(今は樹脂製やアルミ製も増えてきてるとか)の枠組で作られていて、フォークリフトなどで運びやすい構造となってます。我らのミニアートはこの物流に欠かせないパレット「だけ」のプラモデルを出してるんですね。ミニアートはこれ以外にもドラム缶や木製の樽、コンクリートミキサーなど「見てるだけですげえ楽しいけどどう使うかめっちゃ悩む」小道具のプラモデルを数多く商品化しており、このパレットもその一環ではあるんですが……。

▲一枚のランナーで一枚のパレットが作れるわけです。

 「WOODEN PALLETS」と「HAND PALLET TRUCK SET」の2つの商品を購入するとパレットがなんと16枚ゲット出来るのですよ(パレット単体だと12枚)。ヤケクソかっていうランナーの山が出来上がります。ニコニコしながらお酒がいただけます。

▲木目のディテールはタイヘンしゅっとしておる

 パレットはパーツ数4つとすごくシンプル。お酒飲みながらでもスイスイと組み立てる事ができますぜ……とはいえ、全部組もうと思うと同じ作業を16回しなきゃいけないわけでそれはそれで楽しい。(言葉がおかしい)

▲2つの製品全部組み立てるとこうなります

 パレットを人力で動かす為の簡易トラック(ハンドリフトとか呼ばれるやつ)も嬉しいやつですねコレ…付属する樹脂製の樽もイメージが広がるし、それ以外のモノは1/35であればなんでも載せる事が出来るわけですよコレ。マジ凄いプラモです。

 まあ、真面目な事をいうと今回ミニアートがモデライズしたのはEUパレットという規格のもので付属するデカールもソレ(実物は焼き印かな)。厳密にはどこでも使えるわけじゃないんですが、まあ堅苦しい事言わなければ日本が舞台のジオラマに使っちゃっても気になりません!というか1/35のフォークリフトのプラモデルほしいよね…一応あるけど民間用じゃないしなー。ミニアートさん是非是非お願いしたい所存であります!

内藤あんも
内藤あんも

1977年生まれ。戦車道とスピットファイア道を行き来する模型戦士。生まれ育ちは美濃の国、今はナニワ帝国の片隅でプラモデルを作る日々でございます。