プラモの塗りをサポートする、ペイントハンドル選び&自作のススメ!

 プラモデルの小さいパーツを筆で塗る時、どこを持っていいのか困る時がありますよね。プラモに挿した真鍮線を持って塗ると、手がプルプルしてしまう、だからといって直に持つとプラモに手の脂が付いて塗料が乗りづらくなってしまう……。そんな時にあると便利なのがペイントハンドル。

 とくにウォーハンマーなど、ミニチュアペイント系をよく塗る人にはお持ちの方が多いかと思います。とりあえずどんな物なのか、私の使っているペイントハンドルをご紹介します。(ちなみに以下に紹介する写真では、シタデル以外のハンドルには丸めたセロテープか両面テープでミニチュアをくっつけています。)

▲こちらは「ミニチュアホルダー ver.3」

 キュートなガイコツ付きの棒は人差し指を乗せて指先の震えを軽減するものです。うっかり触ってしまうミスも減るスグレモノ!ボークスで取り扱っています。側面の彫刻がとてもカッコいい!(ニスを塗ったので製品の色とは違います)

▲ 「シタデル アッセンブリーハンドル」

 三つ目のロボットみたいなかわいいペイントハンドル。ウォーハンマーのベースを挟める仕様になっております。
クリップが2個付いているユニークな製品。後で接着する予定のパーツもここに挟んでおけるので便利です。
クリップがじゃまになる事もあるんですが、とにかくかわいいので最高です。

▲単にワインなどのコルクに直差しでもペイントハンドルになります。呑まない人は100均でも買えます。私もそうしました。

 そんなわけで、今回は簡単に作れちゃうペイントハンドルをご紹介したいと思います。百均のセリアで売ってるスマホスタンドに、コルクをはさんで、完成!

▲コルク切ってはさむだけです
▲作例ではコルクは東急ハンズの30×30×100ミリコルク棒を6センチ程度に切りました。

 元がスマホスタンドなので、いろいろな方向に角度が変えられてとても便利ですよ!

 さらにもう一種類ご紹介します。

▲キャノーラ油!? キャノーラ油ナンデ!?
▲左のグリップにコルク切って押し込むだけで完成

 使い切ったサラダ油(日清ヘルシーライト)のハンドルを取って、コルクを押し込んだ物です。下のハンドルを握るように持つ事ができます。唐揚げもカラッとおいしく仕上って、ペイントも楽しくできる…最高ですね!

 みなさんもぜひ、オリジナルのペイントハンドルを作ってみてください!

森砂季
森砂季

模型の挫折を繰り返したのち、ウォーハンマーとの出会いでアクリル筆塗りの手軽さと楽しさに目覚めたペインター。
サイズが小さめなプラモとガレージキットが好き。