水性塗料でプラモが塗りたい!/「瓶入り 水性サーフェイサー」の可能性は無限大!!

▲水性サーフェイサーは瓶もいるんだぜ!俺たちの可能性を見てくれ!!

水性塗料がさらに使いやすくなるように登場した「水性サーフェイサー」。nippperでは発売前に一度レビューをお届けしました。匂いもマイルドで、しっかりと下地としての効果も発揮してくれるこの水性サーフェイサーですが、缶スプレータイプと瓶タイプの2種が発売され、お手軽さから「缶タイプ」を楽しんでいる方を良く見ます。

 でも瓶タイプにはすんごい可能性があります! 瓶も忘れないで!

▲大人気の缶タイプは白とグレー。サーフェイサーとしては定番の2色です。

缶タイプはグレーと白ですね。ふふふ。そこです。瓶タイプは……混色ができるじゃん! 商品のラベルをみてください。「水性ホビーカラーべースの」って書いてありますね。これは行ける!レッツチャレンジ。nippperらしくなってきったぜ。

▲俺は黒サフが欲しいんだ……

 水性サーフェイサーの発表の時、黒も欲しかったと思った方いたんじゃないでしょうか? プライマーとしての食いつきの良さ&下地でよりメリハリの効いた陰影塗装の両方ができるしな〜って。無いなら作れば良いんです! グレーに黒を混ぜてみましょう。しかもグロスとつや消しの黒両方出ているから、下地のツヤ感の選択もできる!実は下地のツヤって大事なんです。銀とかだとモロに輝きが違うので、輝かせたい時は光沢、だる〜い銀にしたい時はつや消しにすると良いです。光沢のブラックを混ぜてみますよ。

▲ほれほれ、どうかの〜〜〜

 ウェーブのハケ付きプラボトルに注ぎます。攪拌ボールもセットになった商品なので混色にもありがたい商品です。注ぐ時はnippperでも紹介した「じょうご」があれば完璧!

▲へへへ。ほぼ黒サフなものができたぜ

 サフ1:黒2くらいで混ぜてみました。これで結構黒に近いグレーに。黒サフとして使用してもなんら問題ないと思います。さ〜、後はちゃんと使用できるかどうかですね。

▲銀が指定色の飛行機を塗ってみましょう。黒サフのプライマー効果が一気にわかるはず!

▲吹き付けた感じは全く問題なし
▲水性ホビーカラーの8番シルバーを吹き付け!めっちゃ綺麗じゃん!

 水性ホビーカラーの黒を混ぜても全く問題なし。しっかりと黒サフとしてのプライマー効果を発揮してくれました。スケがなく、銀がビシッと輝いています。あと水性ホビーカラーの8番シルバーはとっても綺麗ですよ。

▲サフを吹かないで、直接銀をさ〜っと1回塗った状態。スケもあり、塗料の食いつきもいまいちです

 水性ホビーカラーの黒を水性サーフェイサーに混ぜられたのですから、他の色もいけますね!! 色付きのサーフェイサーを作っちゃいましょう!

▲下地の色を明るくして上に塗る色の発色をビビッドにしたい時は、ホワイトサーフェイサーに色を混ぜたものを用意してみましょう
▲上に塗る色の一段暗い色を下地にしたい場合は、グレーサフに色を混ぜると良いでしょう

 白とグレーの瓶タイプ。これとあなたが持っている水性ホビーカラーを合わせれば、様々な色のサーフェイサーが作り出せると思います。ぜひ瓶タイプも用意して、さらに水性ホビーカラーの塗装を楽しんでみてください。それでは、またね〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。