花金だ!仕事帰りに買うプラモ。タミヤ ウォーバードシリーズの傑作「P-47D サンダーボルト」で乾杯!!

 フミテシが独断と偏見で週末が楽しくなるプラモをお届けする「花金プラモ」! 今週もお家でプラモ作ろうぜ! 今回のお題は「タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.70 アメリカ空軍 リパブリック P-47D サンダーボルト バブルトップ」でございます。先週の「A-10A サンダーボルトII」を読んだ人は、「来週はP-47来るな」って思ったでしょ。すぐやっちゃいます。だって、タミヤのこのキット、まじでかっこいいんですから。ウォーバードコレクションの傑作ですので、ぜひ触って欲しいです。

▲サンダーボルトIIの名の由来はまさにこのP-47D サンダーボルトから。こっちも良いキットですよ
▲銀にチェッカーのマーク。そして艶消しのオリーブドラブのラインがもう最高にクール!!

 自重が4,000Kg以上あり、フル装備だと6,000Kgをオーバーする巨大さと重量を持つ単発機でありながら、最大速度が690km/hと、ラグビーW杯の戦士達を思い出すような重くて速い重量級戦闘機。それがこのP-47D サンダーボルトです。見るからに頑丈で、被弾にも強い空冷エンジンだったので地上攻撃任務にも活躍。戦闘機と爆撃機の性能を高い次元でまとめた戦闘爆撃機として歴史に名を刻みます。かっこいいぜ!!

▲ロケットランチャーに500ポンド爆弾、増槽と様々な装備を搭載できる力持ち!

 第二次世界大戦の後半に登場する超傑作戦闘機「P-51 マスタング」。この飛行機が登場すると制空任務をマスタングに譲り地上攻撃任務に活躍の場を移します。ロケットランチャーや爆弾がまさにその装備です。増槽はドイツ本土爆撃に向かう大型爆撃機の長距離護衛をする際に航続距離を伸ばすために装備されました。説明書のイラストのCと書いてある筒のようなものは強化紙製の増槽。増槽を使い終わって捨てた後に、敵に資源として回収されないように紙で作られ、燃料注入後一定時間経過すると使用不能になるタンクなんです。戦争はそこまでするんですね。

▲上がP-47D、下がA-10。サンダーボルトの名を受け継いだ所以が感じられますね〜
▲クリアーパーツも含めて5ランナー。武装が充実しているので他の1/72のキットよりもボリュームある構成です
▲コクピット内の外壁パーツが最高! 計器類がすでにモールドされ1パーツ! 彫刻精度も抜群です
▲商品名の「バブルトップ」の正体がこのバブルキャノピー。後方の視界を良好としたものです。フレームとか視界を遮るものがありませんよね
▲このキットの凄さを1撃で体感できるのが胴体のパーツ。1/72スケールでこれだけ繊細なモールドと密度感を味わえます。迫力あるボディだぜ!
▲バリエーションのレイザーバックとは背面も異なるので、胴体同様専用パーツとなっています
▲組み立てただけでこの解像度。文句なし!
▲コクピットと一緒に主翼を支える桁が入ります
▲スナップフィットでは体感できない、スッとパーツが合わさる感じ。そこに流し込み接着剤を流すだけでパーツはいとも簡単に合わさります
▲バブルトップの背面形状を再現するユニークなパーツ割りを堪能します
▲出力約2000馬力の強力なエンジン、プラット・アンド・ホイットニー R-2800も少ないパーツ数で味わえます
▲カウルは一発成型でワンパーツ。美しいラインと精密なモールドを両立
▲コクピットの見え方はこんな感じ
▲1/72スケールとは思えない解像度&迫力あるプロポーションを楽しめます!

 実機には胴体にターボチャージャーが収納されこのような迫力あるスタイルとなります。キットもマッシブな胴体を美しく表現。さらにそこに刻まれた精密なパネルラインやリベットは、作っている途中も完成後も製作者の目を常に喜ばせてくれることでしょう。まさにサンダーボルトという名のように、雷鳴のような衝撃を体感できる超傑作キットです。ぜひこの週末楽しんでみてください。それでは、またね〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。