プラモデル用塗料をキレイに使いやすく収納するソリューション、いまさら乗っかりました。

 テレビでよく見る「収納の達人!」みたいなコーナーがめっちゃ苦手で、どんどん整頓して無機質な戸棚に一切合切をしまって家がキレイにスッキリ見えますという方法論を見せられていると「オレは出しっぱなしでいつでもホイホイ手に取れるほうが楽だな」とか「たしかに全部収納すれば家はキレイになるかもしれないけど落ち着かないな」という自分の悪いところが自覚できる感じ(っていうか自分の性格にガミガミ説教されている感じ)がするんですよね。おかげさまでモノをしょっちゅう紛失するんですけど。掃除をしろ(自戒)。

 プラモデルの塗料というのも同じで、「ズラーッと並んでいるところからパッと目的の瓶をピックアップするのが最高」と信じてきたので、引き出しや箱にしまっておくとどこに何色があるか一覧できないという理由から、100円均一ショップの取っ手付きバスケットにゴロゴロ〜っと入れて、A4サイズの入る高さの棚に二段重ねにして管理(放牧?)してきました。本当の事を言うと管理しきれずに机の上にズラーっと塗料が並んで、嫌になったらバスケットにぶっこんで棚に戻すというダメすぎるローテーション。そこに現れたフミテシの記事がコレですよ。「100円均一のプラスチック製書類ケースに塗料を入れる」というソリューション。

 正直言って「100円」と「収納」というふたつのキャッチーなキーワードにオレは騙されないぜ……と高みの見物を気取っていました。嫌なやつですね。そもそも塗料がどれだけあるのかもわからんし数える気もないしキレイに収納できたところで使うときに使いたい塗料をピックアップできなかったら意味ないやんけ、と。

 いますぐ謝る。みんな、Can Doに行け!!可及的速やかに!!!

▲お役御免となった100円の取っ手付きバスケット。洗浄してキッチンなどで活躍してもらうことになった。キミには出向を命ずる。
▲新しく塗料を管理するのはキミに任命する。よろしく、たのむ。

 まずですね、塗料がめちゃくちゃ入るんですよCan DoのA4ケース。マジで45本入る。いやフミテシの記事にも45本入るって書いてあったけど、本当に入るんだ。入れてみれば分かる。45本というのはとんでもない量だ。その量は入れてみて初めて「45本ってすごいな!」という感じなので、やってみないとわからない。何しろとんでもない重量になるので塗料を出すたびに上腕二頭筋のトレーニングになる(あと目見当で6枚くらいケース買ってきたら最高に余った。これは収納ができない人の特徴です)。

 さらに塗料一本ぶんの薄さに45本も入るので、4本ぶんの幅が棚にあれば180本、8本分の棚があれば360本が管理できることになります。タミヤのアクリル塗料ミニならこのケース3枚で全種類が収納できるし、GSIクレオスのMr.カラーの通常ラインナップ全色を揃えても4枚で収納できる。つまり、神(夜中にプラモを作っていて「あの塗料がない!」と慌てることがない全知全能のモデラー)になることができるのです。その省スペースぶりも、やってみるまでわからなかった。

 しかも、ケースを引っ張り出せば収められたすべてのボトルがぱっと一覧できるんですよ。これが2列だったりすると死角ができてぐるぐる回して目的の色を探さなきゃいけないわけですが、単分子が物体表面に格子状構造でキレイに並んでるみたいなもんなんで(そうか?)速攻で目的の色が見つかる。多少雑に収納しててもケース3枚とか4枚引っ張り出すなら全然時間もかからない。

 もちろん瓶の直径が異なるガイアノーツの塗料やシタデルカラーとかはちょっと違うソリューションが必要なのでまだ未解決なのですが、上の写真を見れば分かるとおりものすごくスッキリと片付けることに成功し、さらに塗料を探す時間が短縮されて完璧になってしまったのでした……。乗るしかない(遅れて)、このビッグウエーブに……。

 ということで、遅ればせながら塗料収納のトレンドに乗っかったら本当に最高だったから改めてオススメする次第であります。けっこう小さいCan Doにも絶対あるタイプの収納ケースなので本気で全力でみんなも真似してほしいです。ありがとうフミテシ……ありがとうnippper……。

<em><a href="/author/kalapattar/">からぱた<br></a></em><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/kalapattar" target="_blank">@kalapattar</a>
からぱた
@kalapattar

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。