ミストでパステルをカッコよく「定着」!あなたのウェザリング塗装に新たな一手をお届けします!!

▲今回の主役は俺!スプレーボトル!!旅行先で化粧水とかを入れてお肌の潤いキープを助けてくれたりする便利なやつ!!

 パステルってご存知ですか?顔料を粉状にしたもので、主に戦車模型でホコリや土汚れなどを表現するのに使用されます。擦ったり盛ったりして様々な表情をつけることができます。

▲砂や土、ホコリなどを模型にお手軽に纏わせることができるパステル!GSIクレオスのパステルは多くの模型店・量販店で買うことができる身近なマテリアルです
▲粉なので、机の上が結構汚れます。僕は不要になった模型の箱とかを再利用して、その中で作業するようにしています
▲初めてパステルを使った時は戦車の車体に擦り付けるような感じで使ったのを覚えています。「なんだか砂汚れっぽいぞ!楽しい!」と心が躍りました

 パステルは粒子感が強調されるので、本当に砂や泥をかぶっているような雰囲気が出ます。テクスチャー系のマテリアルだからこそできる表現は模型のアクセントにもぴったりです。でも使い続けるとひとつの問題「定着」という壁にぶち当たると思います。

▲履帯にパステルをまぶす!履帯の間に土が噛んでかっこいい!!
▲「次の工程に行きますかー」。と、模型を動かした瞬間履帯に乗っていたパステルが落ちちゃいました。悲しい!定着していなかったんだ!
▲足回りにもパステルを多めに盛って立体的な土汚れを表現したい!でもこのままでは絶対に定着しない!助けて〜〜
▲そんな時はこのアクリル溶剤とスプレーボトルを使用しましょう!

 パステルを盛った箇所に、スプレーボトルの中に入れたアクリル溶剤を吹き付けます。ミスト状で出るスプレーボトルがポイントです。ミストでランダムに広がるので、パステルの定着が一点に集中せずにまばらで、なんだか自然な感じになります。

▲ある程度スプレーボトルを離して、ミストを纏わせるようにします。距離が近いと1箇所にビシャっとかかってしまいます。アクリル溶剤を吹いたら、乾くまで絶対に触らないこと。パステルがビヨーンって伸びてしまいます
▲乾いたらトントンして定着していないパステルを落とします。そしてまた盛ってと繰り返しながらあなたのお好みの加減になるまでパステルを定着させていきましょう

 定着したパステルが完全に乾いた後に、その部分を綿棒などで擦ると砂汚れが流れた後の雰囲気も演出できます。アクリル溶剤は筆先に染み込ませて弾いても良いです。アクリル溶剤を染み込ませた筆で直にパステルを触ってしまうと、顔料が溶けてせっかくの粒子感がなくなります。そこで直に触らず液体だけを飛ばしてパステルを定着させるのがポイントです。今までパステルを擦るだけだった生活ももう終わり。気軽に盛って定着させて、あなたの模型を歴戦の雰囲気に育て上げてください。それでは!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。