遂に大本命の水性下地塗料が完成!!GSIクレオス「水性サーフェイサー」ファーストレビュー!!!

▲GSIクレオス期待の新商品「水性サーフェイサー1000」(左)と「水性ホワイトサーフェイサー1000」(右)のサンプルが届きました!早速やっていくぞ!

 塗料の食い付きを助けてくれる下地、「サーフェイサー」はこれまでラッカー系がほとんどでした。匂いの少ない水性塗料を使っても、下地はラッカーか〜と悩んでいる人も多かったと思います。水性ホビーカラーとタミヤアクリルをメインに使っている僕もすごく悩んでいて、サーフェイサーの代替になるような塗料(GSIクレオスのクラッシー&ドレッシーなど)で下地を作っていました。

 しかし、遂に大本命の「水性サーフェイサー」がGSIクレオスより発売となります!!色はグレーと白の2色。歓喜!!これで水性塗料ユーザーも、匂いの少ない水性ホビー専用の下地で塗装を楽しむことができます。発売は2月ともう少し先ですが、今回は届いたサンプルを実際に使用したファーストレビューをフミテシ がお届けしようと思います!

 ■筆塗りは行けるの?

 --いけました!!

▲グレーの色味の水性サーフェイサー1000。瓶生の濃度が筆塗りに適した濃度に最初からなっているので、水性ホビーカラーうすめ液でうすめなくても大丈夫です
▲白はやっっぱり隠蔽力が気になります。ダークグリーンの成型色にさっと1度塗りでここまでいけます。完全に乾いてから、2度塗りすれば綺麗な白下地が完成するでしょう

 筆塗りで使用した時

 ・乾燥時間/5分程度。厚塗りになってしまった部分は10分は様子を見ました

 ・伸び/しっかりと伸びるので、筆がつっかかる感覚も少ないです

 ・乾燥後は半ツヤ気味のつや消し。少しだけ光沢感が出ます

 ・匂い/ほぼ無臭

 ・お片付け/水性ホビーカラーうすめ液でしっかりと筆を洗浄してください

 ■エアブラシでの使用感は?

 --無臭のありがたみを知ります。そしてラッカーサフと変わらない使用感

▲1/48スケールのゴリアテに、グレーの「水性サーフェイサー」をエアブラシで塗ってみます。塗料1:うすめ液1の割合がベストだそうです
▲めっちゃしっとり。この水性サーフェイサーは、プレミアムトップコートやリニューアルした水性ホビーカラーと同じものをベースに作られているので、吹き付け塗装後のしっとり感が素晴らしいです
▲寄って見てみてもざらつきはほとんどありません。この状態なら綺麗な塗面になるでしょう
▲ダークグリーンの成型色に「水性ホワイトサーフェイサー」を吹き付け。ちょっと濃度が濃かったようで、粒子が粗くなってしまいました。濃度は大事なので、塗料1:うすめ液1で割って塗装しましょう
▲ダークグリーンの兵隊も白で下地を作ることができました!隠蔽力もしっかりあるので安心です

 エアブラシで吹いたとき

 ・乾燥時間/2分〜5分

 ・塗面/しっとり。つや消しになります

 ・薄める濃度/塗料1:うすめ液1

 ・エアブラシの洗浄/水性ホビーカラーうすめ液でうがい洗浄

 筆塗り、エアブラシ塗装とどちらでも使用できる瓶タイプの水性サーフェイサー1000。塗膜も丈夫で、すごく頼れる下地になります。匂いも少なく環境にも優しいサーフェイサーの登場で、さらに快適に塗装を楽しめることができると思います。早速これを下地にしてプラモを塗って完成させてみるとので楽しみに待っていてください。それでは、アディオス!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。