プラモデルを可愛くキレイに飾るために。/「アクリルスタンド自作」のススメ!

▲スイート 1/144 メッサーシュミットBf109F-4の箱

 プラモデルを組み立てた後の「箱」って愛着があると捨てられなくて困ってしまいます。私は畳んで仕舞うことが多いんですが、それさえもはばかられるプラモの箱があります。

 もともと藤田幸久画伯のボックスアートに一目惚れして買ったのに、それを仕舞ってしまうなんて……私には出来ない……!まてよ、逆に仕舞わないとはどうする状態なのか。やっぱり飾ることですよね。箱を飾るにはどうすれば……あっ!……エウレカ!!

▲箱絵の女の子(ナサちゃん)とネコちゃん、その他を丁寧に切り抜くっす。

▲今回の秘密兵器。ダイソーのアクリルカードスタンド登場。
▲切り取った紙の裏に両面テープを貼って、カードスタンドに挟み込みます。ここまで来たらもうお分かりですね?
▲アクリルスタンドとプラモに1mmのピンバイスで穿孔し、1mmの真鍮棒を刺して接着すれば……

▲ボックスアート風のアクリルスタンドが完成しました!!

 え!?カワイイ!!1位!!優勝!!これはまた妙な(妙の漢字を分解すると少女になることから、カワイイの最上級として私の中で使われる言葉)モノが完成してしまいましたよ……マジで。これでいつでも「カワイイ」を摂取できます。

▲部屋の本棚の一角に置くだけでかわいいインテリアに!

 プラモの箱と中身のマリアージュ。悪魔合体。2次元と3次元の融合……魚の身も内臓もおいしく食べるような、プラモをしゃぶりつくすひとつの方法として、こんなディスプレイはいかがでしょうか。ちっちゃいプラモ限定の遊び方かもしれませんが、プラモの箱を捨てられない方々のヒントになれば幸いです。

ハイパーアジア
ハイパーアジア

1988年生まれ。茨城県在住の会社員。典型的な出戻りモデラー。おたくなパロディと麻雀と70’sソウルが大好き。