エアブラシ使わずプラモをメッキの光沢にしたければ「プレミラ✕イジペ」の最強コーデで立ち向かえ!

 みなさん、嵐の中で輝いてますでしょうか。私はこないだ漂白剤でメッキを剥がしたオートバイのホイールを上の写真のように塗装しましたよ。えーっ、こんなにキラッキラの平滑な金属光沢になるんですか?そう、ガイアノーツのプレミアムミラークロームならね。

GP-08 プレミアムミラークローム

GP-08 プレミアムミラークローム

1,238円(10/22 21:14時点)
Amazon

 このトゥルントゥルンのメッキのようなシルバーになるすっごい塗料は値段もちょっとだけするのですが、模型店でわりと確実に手に入ってこれ以上鏡面に近い塗料というのはちょっと見当たりませんのでイチオシ。じゃあこれどうやって塗るんですかと言いますと……。

▲低圧にセットしたエアブラシでプラスチックの表面に直接吹きます

 「はい私エアブラシ持ってない〜!私には関係のない話〜!」と思ったそこのあなたチョット待って!
 チョット待ってください!頼む!!

▲イージーペインター(CV:水田わさび)
ガイアノーツ イージーペインター 塗装ツール 80ml EP-01

ガイアノーツ イージーペインター 塗装ツール 80ml EP-01

1,320円(10/22 20:29時点)
Amazon
▲目薬ボトルに入れたガイアノーツのプレミアムミラークロームを薄めずにそのままシャーっと入れます。
▲パイルダーオン!
▲エアブラシがなくたって いつまでもメッキの銀色だね!

 ガイアノーツのイージーペインターはカートリッジ式のガスに塗料を入れたボトルをくっつけて吹き付けることができる一品。吸上式エアブラシと同様の構造をハンディサイズに一体化したものなので、瓶ナマの色でも、もちろん自分で調色した色でも吹くことができます。筆塗りでは到達できなかった平滑な塗膜、缶スプレーではラインナップされていない塗色が得られますぞ!

 このイージーペインター、缶スプレーみたいにドバドバ出ないので、ベランダや軒先でちょっとひと吹き……というのが気軽にできますし、「どうしても家にエアブラシが導入できない!」という事情がある人でもお好きな色を吹き付けるためのセカンドオプションとして常備しておくべきアイテム。これで塗装の幅が一気に広がります。

 パス〜ッとボタンを押し続けるとカートリッジが冷えてガス圧が落ち、花は枯れ、鳥は空を捨て、人はほほえみをなくしてしまうので、ストロークを短く「スパッ!スパッ!」とほんの少しずつ吹くのが綺麗に仕上げるコツであります。

▲ブレストファイヤーもしっかり映り込む平滑な金属光沢が得られましたとさ。

 このプレミアムミラークロームという唯一無二と言って良い性能を持った塗料をエアブラシ所有者だけに独占させておくのはもったいない学園校歌を斉唱しながらイージーペインターの紹介をしましたが、ところでこれどのへんの塗料まで吹くことができるんですかね……ということが気になってまいりましたので、シタデルカラーとかアクリルとかラッカーとかクリアーカラーとかウェザリングカラーとかいろんなものを吹き付ける長期テストをしてみようかな〜と思っております。

 まずはキランキランのクロームメッキ調シルバーを得たい人、この組み合わせで身の回りのものをどんどんT-1000にしていってみてはいかがでしょうか。

 みなさんも、ぜひ。

GP-08 プレミアムミラークローム

GP-08 プレミアムミラークローム

1,238円(10/22 21:14時点)
Amazon
ガイアノーツ イージーペインター 塗装ツール 80ml EP-01

ガイアノーツ イージーペインター 塗装ツール 80ml EP-01

1,320円(10/22 20:29時点)
Amazon
<em><a href="/author/kalapattar/">からぱた<br></a></em><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/kalapattar" target="_blank">@kalapattar</a>
からぱた
@kalapattar

模型誌の編集者やメーカーの企画マンを本業としてきた1982年生まれ。 巨大な写真のブログ『超音速備忘録』http://wivern.exblog.jp の中の人。