筆塗り上手になりたい外伝 /「マッハでプラモが銅像になる」の巻

 銅の色、塗ったことあります?そして銅のサビ、緑青(ロクショウ)色、塗ったことあります?自由の女神像とか西郷隆盛像の色ですね。あんまり塗らないかもしれませんが、私はメチャクチャ好きな色です。ぜひ皆さんも塗りましょう。銅と緑青。

▲古びた鎧みたいなものに使うと存在感バッチリ!

 そして今回塗ることになるのは、前回ロボット兵とキツネリスを塗装して満足したので、すっかり忘れていたシータ。

▲………………(塗装してくれっちゃ……)

 うっ…頭の中に直接声が……ていうかキャラ違くない?しょうがないな、もー。やってやるぜ!(CV:矢尾一樹)

▲ランナーのままクレオスのフィニッシングサーフェイサーブラックを吹きました。

シータ:組み立ては?
アジア:組み立てするとは言っていない。
シータ:…………

▲そして今回使用するのは、シタデルカラーBASEの「バルタザールゴールド」

 この塗料、「ゴールド」と書いてありますが、キレイな「新しい銅」の色をしています。一撃で発色するしキレイな色なので持っていて損はありません。

▲パレットの上に塗料を出して、筆の先にちょんと水をつけ、塗料をこねます。

 シタデルカラーを薄めるとき、私は「飲むヨーグルト」ぐらいの粘度になるようなイメージで薄めています。この濃度が私にとっての「筆ムラが少なく、かつ隠ぺい力もある」ちょうどいい状態です。本当に繊細なペイントをする凄腕モデラーとかは「牛乳」くらいの濃度にうすめて、厚ぼったくならないように何度も塗り重ねる方も多いようです。ここら辺は色々な濃度で塗り重ねをしてみて、自分で仕上がりを比較してみるのも楽しいですよ。
 さらにシタデル使い(スタンド使いみたい)が良く使うのがウェットパレットです。まず、ステンレスのトレーにキッチンペーパーを敷いたら水でひたひたにします。その上にクッキングシートを敷いて、この上に塗料をおいておきます。こうすることで塗料が乾くのと同じぐらいの速さで下から水を吸い上げ、塗料が乾かずに長い時間使えるのでかなり便利なのです。 

▲塗料のノビを信じて、長いストロークで伸ばしていきます。「お前も銅人形にしてやろうか!!」
▲2度塗りしたのがこの状態。このムラの無さと隠ぺい力よ。新品の銅像の出来上がり。
▲そしてシタデルカラーのテクニカルというラインから「ニヒラークオキサイド」という塗料。これで緑青を簡単に表現できます。
▲シャバシャバの塗料です。一度パレットにあけるのが正道ですが、横着でシャバい私は瓶から筆に塗料を取って直接塗ってしまいます。
▲シャバシャバの塗料はうすく塗り広げると筆ムラが目立つので、たっぷり塗りつけてやります。そうすると、くぼみに塗料が溜まりすぎるので、塗料の含みが少なくなってきた筆で、吸い上げて調整してやりましょう。
▲1回塗りの状況です。錆びた銅像風になりましたね。

これにもう1回塗り重ねれば、真っ青になって自由の女神像とかデスラー総統のようになるのですが、模型の外連味にかけるのでちょっとハズしていきます。

▲ディティールがイカすなぁと思ったところに、バルタザールゴールド(もとの銅の色ね)をドライブラシして少し色を戻します。
▲完成です。「自由の女神シータ像」
▲自由(不自由)を表現しました。銅ですか。

 ガンダムではなく大仏のプラモがたくさん販売される世界線ならまだしも、けっこう使いどころの無い色かもしれません。がしかし!ファンタジー系やスチームパンク的な世界観の作品で銅の色を使う場合、この2色の組み合わせはまさに鬼に金棒、アムロにνガンダムです!!覚えておいて損はありませんよ。

ハイパーアジア
ハイパーアジア

1988年生まれ。茨城県在住の会社員。典型的な出戻りモデラー。オタクとプラモデルの関係性を哲学するのが趣味。noteではオタクによるオタクの為のプラモデル感想文を執筆中。