肌色は塗らずに「染めろ」!秒速で自然なグラデを生み出すスゴ技!!

 これで顔肌塗装も怖くない!!
 世の中にある小サイズのフィギュアの顔の肌色塗装。難しそうで怖がって、フィギュアパーツがニッパーで切り離されないままになっていませんか?
 そんなあなたに今回は顔塗装のハードルをぐっと下げてくれる塗料とテクニックをご紹介します。それがゲームズワークショップから発売されている「シタデルカラー」の 「レイクランドフレッシュシェイド」。あなたの顔塗装が劇的に変わりますよ!

▲私、フミテシがシタデルカラーのシェイド(シェイドカラーの解説はこちらの記事を!)の中で1番気にいっている塗料。フレッシュというのは肌色を表しています
▲このようにシャバシャバの塗料です。蓋を閉めてよく降って使用します。シタデルカラーは棒などで混ぜると空気と触れて固まるので、蓋を閉めて振って攪拌してね

 ここから行きます!マッハの戦い!!あっという間に終わってしまうので、よ~く見ていて下さいね。ラジコン&筆塗り大好き・ふりつくアニキの実演でお届けします!

▲まず顔に白を塗ります。筆塗りでも、缶スプレーでもOK。ホワイトサーフェイサー(白サフ)だとよりシェイドの食いつきが良くなります。どのメーカーのものでも大丈夫ですよ
▲あれ?おばちゃんが美女に!? より分かりやすくるために1/24スケールの美女に来てもらいました。白が乾いたら、レイクランドフレッシュシェイドを塗るだけ!!
▲全体に薄く伸ばしていきます。奥まったところに塗料が溜まったら、筆先で吸い取るか、塗り伸ばしてください。一瞬にして染まりましたね~

 これは「染め塗り」という技法です。ミニチュアを使用して楽しむ「ミニチュアボードゲームの大量のコマの顔」を、短時間でもカッコよく塗装できる方法としてミニチュアゲーム界隈ではよく知られている方法でした。僕はウォーハンマーと出会ってこの方法を知り、今ではウォーハンマーだけに限らず、スケールモデルやキャラクターモデルでもガンガン染め塗りを活用しています。顔の塗装の苦手意識を一瞬で払拭してくれるシタデルシェイドによる「染め塗り」。あなたの模型生活も楽しさで染まること間違いなしです!

▲この技法とめちゃくちゃ相性が良いのが、昨今のタミヤのミリタリーフィギュア。3Dスキャン技術を活用したフィギュアは非常にディテールが細かく、シェイド塗料がそこに流れ込み、しぜんな陰影が生まれます
▲白い肌にシェイドで染めただけでこの男前ぶり……フィギュア塗装が楽しくなります
▲こちらはフミテシが塗った1/48スケールのロシア兵。シェイドで染めただけです。実は帽子も黒のシェイドで染めています。塗り込むのが難しい小さいスケールも、染め塗りなら怖くない!!
▲1本買えばこぼさない限り、まじで2年間は無くなりません。濃度調整もお水で楽々!筆を洗うのもお水のみ!準備も片付けもお手軽ですよ

 シタデルシェイドカラーの「染め塗り」。超おすすめです!!

■ゲームズワークショップ シタデルカラー シェイドカラー 1060円

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ<br></a><a rel="noreferrer noopener" href="https://twitter.com/neofumiteshi" target="_blank">@neofumiteshi</a>
フミテシ
@neofumiteshi

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。

広告