透明窓枠パーツの塗装を攻略する2大ポイント!!/初めて作るヒコーキモケイ

▲窓枠の塗り分けにチャレンジだ!!!

 これから飛行機のプラモを作ってみたいという人に向けて、いっしょにイチから楽しんでいく連載「初めて作るヒコーキモケイ」。今回はクリアーパーツで成型されているキャノピーの窓枠を塗ってみます。ポイントは2つ! 「クリアーパーツ特有の透けを防ぐこと」、「はみ出しの修正」です。
 これができれば窓枠塗装も怖くない!!! 早速行ってみましょう~~~。

▲窓枠の塗装に使用するのは、タミヤの3本セット筆「モデリングブラシHFスタンダードセット」にある極細の面相筆と、本体色のシルバー、下地のつや消しブラックです
▲今回のキーとなるのがこの「つや消しブラック」。こちらが透けを防止してくれるよ
▲窓枠のメインカラーは、胴体や翼でも登場した8番シルバーです

 塗料は2色使用します。キャノピーは、本体色だけで塗らないのがポイントになります。つや消しブラックを必ず用意しておきましょう。

▲手で持って塗るととても塗りにくいので、ツマヨウジにセロハンテープやマスキングテープを巻きつけた持ち手を作ったよ。これに固定して塗装するね
▲クリアーパーツを裏返して見よう

 クリアーパーツは、透け透けだからそのまま塗ると、内側から外の色が透けて見えてしまいます。また光が透過して、クリアーパーツのところだけ悪目立ちしてしまうことがあるので、それを防ぐために一旦つや消しブラックを塗ります

▲極力はみ出さないように。でも後から修正できるから安心してね
▲こんな感じで窓枠を黒で塗ったよ。裏返して見よう
▲キャノピーを裏返すと、窓枠部分が黒になっているのが分かるね。この黒が透けを防止してくれるよ!! 黒が完全に乾いたら、黒の上から銀を塗って行くよ
▲黒で透け止めができたら、遂に銀を塗るよ!! 同じ個所をチマチマとなぞらないで、線を引くように塗って行こう。極力はみ出さない方が良いけど、多少のはみ出しならこの後の方法で簡単に修正できるよ
▲すべての窓枠を塗り終えたよ。近寄って良~く見ると、黒や銀がはみ出しているのが分かるね
▲はみ出した黒や銀は、つまようじにお任せ!! これではみ出した塗料を削っていくよ
▲こうやってつまようじの先でコリコリと削ってやると、塗料がきれいに剥がれるよ。気持ちよくて癖になるんですね~これが
▲いい感じに窓枠を塗ることができたよ!

 塗料を削って修正できるということが分かると、窓枠の塗装へ恐怖心がかなり軽減されます。そして窓枠が塗れると「こんな細かい所も塗装できるようになったぞ!!」と自信がついて、他の部分の塗装も臆することなく楽しめると思います。黒を塗って透け止めする、はみ出しても慌てずに後からつまようじで削り取る! これ本当に窓枠塗装のポイントなのでぜひ覚えてください!!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>/nippper.com 副編集長
フミテシ/nippper.com 副編集長

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。