ガンプラ旧キットのすり合わせも綺麗にできる!ウェーブ「HGヤスリ 横スライドタイプ」

▲金属棒ヤスリと言えば、前方に押して使うものですよね。横スライドって意味あるの?

 国内老舗模型メーカーのウェーブが発売している「HGヤスリ 横スライドタイプ」。正直、横スライドって何よ?って思っていたのですが、これ接着前のパーツ同士のすり合わせ作業に効果絶大でした。ガンプラの旧キットやちょっと古いスケールモデル、海外メーカーのやんちゃなキットにもってこいです!!

▲ヤスリ目のがナナメ方向になっています。今回の細目・油目は、各面に異なるヤスリ目をセット。細目で削って、油目で整えるといった使い方をします
▲戦いは数だよアニキアニキこと、ドズル中将のビグザムが相手だ!!!
▲ぎゅっと無理に接着できないこともない精度ですが、数時間後に接着箇所がみょ~~んと開いてくる可能性もあります。後からのことを考えると、先に整形しておいた方が良いです

 ガンプラの旧キットは、今でも多くの人に愛されている傑作プラモです。接着剤を使って組み立てるのですが、今は便利な接着剤がたくさんあるので、組み立てのハードルは無いに等しいです。ただ、たまにパーツ同士の合わせがずれていたりするものがあります。そんな時は、貼り合わせる箇所をやすりで削って、ピタッと合うようにしてあげます。それを「すり合わせ」「整形する」なんていったりします。上の写真のパーツですが、少し隙間があいてますね。HGヤスリ 横スライドタイプを使って合わせてみます。

▲パーツの接着面にしっかりとヤスリを当てて、横に動かすだけ!

 HG 横スライドヤスリは、パーツの貼り合わせる面の片方だけでなく、両サイドに刃を当てられるので、ひとつの動作で両サイドを均等に削りだすことができます。
 すり合わせで一番難しいのが、均等に削るということです。いざすり合わせをしてみると、かえってガタガタになって大惨事! なんてことを僕はたくさん経験してきました。この工具ならお手軽に整形できそうです。

▲両パーツの貼り合わせ部分を均してみたら、きれいに密着しました。これで流し込み接着剤を流せば、文句なく綺麗に接着できます

 金属ヤスリは、硬いぶんブレも少なく、平らな面を生み出すスペシャリストです。貼り合わせる箇所が平面なら、こちらのHGヤスリ 横スライドタイプで数回撫でてあげれば、すり合わせを綺麗に行うことができます。一昔前のプラモだけでなく、昨今のプラモの接着面精度を上げるのにも大いに活躍してくれるツールです!!

▲飛行機模型の胴体の貼り合わせ箇所の整形にも便利!!!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。