タミヤスミ入れ塗料のウォッシングは、最後の1手でさらにかっこよくなる!!

▲タミヤ スミ入れ塗料の中でも抜群の汎用性で大活躍!! ダークブラウン!!!

 タミヤがスミ入れ(プラモに彫刻されたスジに、塗料を流し込んで立体感を演出する技法)用として、色味と濃度を最初から調整してくれている「タミヤ スミ入れ塗料」。こちらの塗料を、模型全体に塗ると、汚れた雰囲気を表現できたり、グラデーション塗装を馴染ませたりできます。シャバシャバの塗料を全体に塗る「ウォッシング」という技法になります。これをタミヤ スミ入れ塗料で行う場合、最後の一手で追い打ちをかけると、とてもかっこよくなるんです。

▲タミヤ スミ入れ塗料は、蓋の裏に筆が付いているので、そのまま塗れます。広い面を塗るときは平筆などに持ち替えて塗った方が早いです
▲表面にバシャバシャ塗ったら、エナメル溶剤を含ませた綿棒で拭きとります。この時表面に残ったかすかな塗料が、模型に味を与えてくれるんですね~
▲塗料を塗って綿棒で拭いただけでこの雰囲気! ダークブラウンは本当に良い色で、飛行を繰り返して汚れた翼の雰囲気を簡単に表現できます。ここからさらにもう1手だけ追い込みます

 まずは塗料が完全に乾くのを待ちます。僕は良く1日放置しておきます。完全に乾いているのを確認したら、綿棒で乾拭きするだけ!! それだけです。

▲どこにでも売っている普通の綿棒です
▲乾いているダークブラウンの上からゴシゴシ。そうすると……
▲ツヤが復活している!? というかピンポイントでダークブラウンを剥がせる!

完全乾燥後に乾拭きすると、表面に残ったダークブラウンを剥がすように拭き取れるのです。これによって、ダークブラウンで落ち着きすぎたツヤも復活。
そして何より「乾拭き」の良い点は、塗料が溶け出して伸びたり、ジラジラと広がったりしません。これによってよりピンポイントに塗料を落とせるので、汚れのメリハリがとてもつけやすいです。

▲各部でツヤ感が異なると、汚れにさらに味が出ます! この方法だとツヤ感の調整も簡単です
▲光沢の上に汚れがジラジラしている感じ。大好きです!!!

 タミヤ スミ入れ塗料は、完全乾燥後に綿棒や指で擦ったりしてあげると、いい感じに剥がれ落ちて、ウェザリングに味が出ます。この最後の一手でより模型が「らしく」なるので、ぜひ一度やってください! 楽しいですよ。それでは~~~。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。