使ってみたらセメダインと全く異なっていた「タミヤ多用途接着剤(クリヤー)」。3日で作る飛行機プラモ「タミヤ 1/48 フォッケウルフ Fw190 D-9」完成!

▲速乾流し込み接着剤とともに、模型接着剤の中で新たな地位を獲得した多用途接着剤。タミヤの多用途接着剤はとてもマッチョだぜ!

タミヤ 1/48 フォッケウルフ Fw190 D-9の完成までの道のりをオススメマテリアルとともにご紹介してきた本記事も最終回。飛行機模型完成の儀式「クリアーキャノピーの接着」で締めましょう。セメダインが発売した、メッキパーツの接着やクリアーパーツを曇らせることなく接着できるという「ハイグレード模型用」が多くのモデラーから評価を得たことで「多用途接着剤」というグループが確立されました。今まで接着作業時にナーバスになっていたことから解放されるので、ぜひとも1本持っておいて欲しい接着剤です。

そしてタミヤからも「多用途接着剤 クリヤー」という商品が発売されています。タミヤの車模型「フェアレディ 240ZG」の説明書にもクリアーパーツやメッキパーツの接着に使おう! とたくさん登場していました。正直「ハイグレード模型用持ってるしな〜」って思って使っていませんでした。でも気にはなっていたので、今回のD-9で実験してみようと思い購入してみました。違いがあるのかな……
▲頑張って塗装した部分にプラ用接着剤でキャノピーを貼る……塗料が溶け出したり、キャノピーがずれたりしたら塗料も一緒にさようなら。飛行機模型で一番ナーバスになる瞬間ですが、多用途接着剤は塗料を溶かさないのでそんな心配からもさようならです
▲梅皿に移した瞬間「あ、ハイグレード模型用とすでに違う!」ってなりました。粘度が高いのです。ちょっとだけ糸を引きましたが、全然気にならないほどです
▲ツマヨウジでぐるぐるしてみると、本当にトロンとしています
▲所定の位置にチョンチョンと点付けしていきます
▲粘度があるので、パーツを保持している力も強いです。また、この接着剤のポイントは塗ったらすぐに貼ることです。それはなぜかというと……
▲3〜5分でパーツが仮固定されるくらいに硬化するからです! 完全硬化は1日かかりますが、これだけの速さでパーツを仮止め状態にできるのはすごいです!!!
▲ストレスなくキャノピーの接着が完了!!!

タミヤの多用途接着剤は、粘度が高めで硬化スピードが速いのが特徴だと感じました。粘度の高さにより「点付け」や塗り込みが適していると思います。流し込みにしたい場合はセメダインのハイグレード模型用の方が快適に使えるでしょう。タミヤもセメダインの多用途接着剤も塗膜を犯さないので、最後の接着に本当に強い味方になってくれます。ぜひ多用途接着剤であなたのフィナーレを美しく迎えてください。

完成体験を得ると、次の模型の声が聞こえてきます。プラモを作るスタンスは人ぞれぞれ。どの取り組み方も間違いなんてないし、あなたが楽しめていることが一番大事。模型の話をみんなと楽しむことは最高です。でも誰かの言ったことを気にして自分の楽しみ方に迷ってしまった時(自分もよくありました)、そんな時は「3日」くらい目の前の模型の声にだけ集中してみてください。3日くらい向き合っていると完成したり形が見えてきたり「自分と模型との対話」が具現化して来ると思います。そしてあなたが楽しみたい方法が掴めるかもしれません。今の俺の楽しみは、3日目に完成させてプラモと朝焼けを見る、写真を撮る。それが俺のプラモ趣味の最高に幸せな瞬間です。

▲さぁ、次はスピットファイアに行こうか!
<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。