可能性の獣な接着剤「セメダインPPX」で秋の夜長のプラモが楽しくなる!!

▲くっつかない! と思われていたものがくっつくと人は笑顔になります!! それを実現してくれるのがセメダインPPXです

 接着剤メーカーの老舗「セメダイン」から発売されている「セメダインPPX」。nippperでも以前タミヤの昔の戦車模型の履帯を接着するのにご紹介しましたが、もちろん用途はこれだけじゃないです。模型を楽しむ人も、アクションフィギュアなどを改造する人にもすごく便利な接着剤なんです。接着が難しいとされるポリエチレン、ポリプロピレン、シリコーンゴム、ポリアセタール、フッ素樹脂が接着できます。

▲セメダインPPXの特徴は「ペン型のプライマー」と「高性能瞬間接着剤」がセットになっていること

 以前紹介した時も好評だった例が、ひと昔前の戦車模型に入っている「プラ用接着剤が効かないタイプのベルト履帯」を接着する方法です。

▲一見新しそうなキットでも〜、接着の難しい古いキットの履帯パーツが流用されていたりします
▲プライマーのキャップを外すとご覧の通り、ペン先のようなものが出ます。開けっぱなしにしているとガンガンプライマーが揮発するので、使用したらすぐに蓋をしましょう
▲早速プライマーを履帯パーツに塗りまして〜
▲接着剤を反対側に塗ります
▲過去の接着剤が効かないタイプの履帯ががっちり接着されました! こんなとき、PPXがあれば焼き留めすることなく、お手軽に履帯を接着できます
▲またこの履帯と親戚のようなものが、ミニ四駆のエラストマー系の素材が使用されているタイプのタイヤです。こちらをホイールにがっちりと固定するのにもPPXは便利! 空転を防ぐことができ安定した走行を生み出せます

 また鉄道模型のストラクチャー系のキットにも難接着素材のPP(ポリプロピレン)が使用されているものがあります。これもこのPPXの手にかかればがっちりと接着できます。

▲日本人の心に咲く花、「桜」でございます
▲でた! PP(ポリプロピレン)。キットはゴム系接着剤を推奨していますが、PPXにお任せあれ。瞬時に接着します
▲枝を差し込む穴に瞬間接着剤をつけます
▲差し込む枝の方にプライマーを塗ります
▲開花宣言!!! 枝を瞬時に固定できて、一気に木になりました。桜の花は「セメダイン ハイグレード模型用」で固定しています

 ポリエチレン(PE)の代名詞といえばガンプラの関節に使用されるポリキャップです。これも接着できるようになるので、延長や関節カバーを作るなどの工作がやりやすくなります。

▲接着できないパーツの代名詞といえば、ガンプラのポリパーツ。これが接着できることによって、首などの延長もお手軽にできますよ
▲首の関節をデザインナイフで半分こにします
▲そしてさっきの容量で、「ポリパーツの方にだけプライマー」を塗り、プラ板に瞬間接着剤を垂らしてドッキング!! ポリパーツが見事に接着され、ポリパーツを介した部分でも延長工作ができました

 このポリパーツの工作以外に、ガンプラではリアルグレードの「アドバンスドMSジョイント」の工作にもPPXを使用できます。このジョイントはABSとポリプロピレンで構成されており、ポリプロピレン部分をカットして延長したい時など、PPXは大活躍します。

▲こうしたリード線も高性能な瞬間接着剤の助けが欲しいもの。被膜はポリエチレンのものが多く、PPXのような多用途で強力な接着剤があれば安心です
▲電飾の配線作業にも強い味方! 瞬間接着剤などでも固定できない配線の被膜もPPXでしっかり固定できます

 最近模型製作でもメジャーになった「電飾」作業にも効果抜群です。コードが多くなって組み立て時にパーツに挟んでしまったり、ひっかけてしまったりしないようコードは固定したい! でも普通の瞬間接着剤だと付かない!そんなとき、まさにPPXの独壇場でございます。

 塗るだけで物を接着できるという自由さと楽しさを接着剤は僕たちに教えてくれます。接着剤を使わないと、ある一定のところで限界が来てしまうかもしれません。その限界を突破できる接着剤がまさにセメダインPPX。あなたの発想次第で、さらに模型が華やかになること間違いなし。ぜひ1セットお手元にどうぞ!!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。