花金だ!仕事帰りに買うプラモ。ランチ感覚で味わえるコスパも最高な「ハセガワ 1/72 ハリアーGR Mk.3」。

▲ハセガワの定番キットのハリアーは、どのバリエショーンも楽しいぞ〜

週末のプラモライフが楽しくなる模型をフミテシの独断と偏見でお届けする「花金プラモ」。今週はジェット機のプラモを気楽に作りたいな〜って思った時に僕が真っ先に思い浮かぶ「ハセガワ 1/72 ハリアー」シリーズから「ハリアーGR Mk.3」をご紹介します。機首の先端がまる〜くなっていて動物の鼻みたいな感じがカッコかわいいですね〜。ハリアーといえば垂直離着陸を可能としたイギリスの誇り! 米国にライセンス生産されたり、改良されてハリアーII、ハリアーII プラスとパワーアップを遂げたりした傑作機でございます。

▲先日、ロイヤルネイビーのクイーン・エリザベスが横須賀に寄港しました。そんなこともありイギリスもの作りたいな〜って気分にもなったんですよね。シーハリアーも良かったのですが、かわいいお鼻のMk.3は作ったことなかったので、こちらをセレクトしてみました

俺がこのプラモを出会ったのは、エアフィックスのハリアーを作っている時にラウンデルのデカールを溶かしてしまい、デカール用として買った時がファーストコンタクト。デカール代としても安いやろ!っていう価格にもびっくりしたもんです。その時にキットを見て「定番で昔から見るプラモだけど結構シャキッとしてるな〜」と思ったものです。Mk.3のキットのベースになっているMk.1は1983年生まれ! なんと自分と同い年でした。ですてぃに〜〜〜。

▲クリアパーツを除けばランナー3枚。箱を開けた時にこのくらいのボリュームだと「今日早速作っちゃおうかな〜」って気分になりますよね。それこそハセガワの定番1/72スケールラインの魅力です
▲2パターンの仕様を選択できるマーキング
▲トロトロアニキ!!! 今年38歳。まるで自分を重ねてしまいますね
▲このプラモは機種から先と胴体を別パーツにすることで、バリエーション展開できる仕様の設計になっています
▲かわいいお鼻は、レーザー測距目標指示装置。これが装備されたことにより、対地攻撃能力が向上したそうっす
▲機種後ろのインテークと胴体で分割されます。この状態までまじで10分でいけます!
▲ノズルはプラの嵌合で嵌め込み、接着しないことで実機のように可動させることができます。アメリカに行った時にこのノズルを無限に動かせる体験をしたのですが、面白すぎて長時間堪能してしまいました
▲インディアナポリスにあるRolls-Royce Allison Heritage内で遊べるこのエンジンこそ、ハリアーの「ロールスロイス・ペガサス」。楽しすぎて無限ペガサス!!!
▲武装以外ができた〜〜。40分でここまで組めました。すり合わせ無しでぴちぴちパーツが合いますよ〜
▲付属する武装はこちら。左からマトラ LR 155×2、1,000ポンド爆弾×2、BL 755 クラスター爆弾
▲全部盛り可能!!! ボリュームが増して一気にカッコよくなりますね
▲背中の滑らかな膨らみが俺は大好き。ハリアーってセクシー〜〜〜

定価は税込990円と最初からお得なのに、店頭やネットショップなどの割引でさらにランチ価格へ爆進する本キット。ちょっと古いし安いから不安だな〜って人もいたと思います。でもハセガワの1/72ハリアー系のキットは安心してください! サクサク組めてシャキッとしてて、うまい定食屋に入った気分に浸らせてくれます。ぜひ楽しんでみてください。ハリアーII プラスもかっこいいプラモなんでおすすめです。

▲プライベートで作ったハセガワ 1/72 ハリアーII プラス。こちらも良いキットなのでぜひ!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。