日本の夏!「水性塗料筆塗り」の夏!/これこそ仕上げの特命係! 最後は相棒にまとめてもらおう。

▲水性塗料筆塗りによる「ハセガワ 1/72 日本海軍 三菱 J2M3 局地戦闘機 雷電」完成!!
▲最後はGSIクレオスのグランドブラウンと、ガイアノーツのストレーキング筆にまとめてもらうぞ!

 これまで7回にわたってお届けしてきた水性塗料筆塗り連載も遂に完結!!! そして完成したぞ!!うれしい〜〜。この瞬間は何度味わっても最高です。さぁ、最終回は相棒のお二人にまとめていただきます。GSIクレオスのウェザリングカラーとガイアノーツのストレーキング筆です。この相棒がいれば、筆塗りの最終仕上げはバッチリ! 筆ムラや筆塗りトップコートの表面をいい感じにまとめてくれますよ。

▲一番最初にスミ入れをしてるから、筋彫りにはうっすら影が残っています。各グリーンの色や艶のムラは筆塗りらしい感じです。このチグハグさを筆塗りの雰囲気を損なうことなくまとめてくれるのが「Mr.ウェザリングカラー」
▲このグランドブラウンはウェザリングカラーの初期にリリースされた色の中でも傑作! これを塗っておけばほとんどのものがかっこいい汚れを纏うことができます
▲ウェザリングカラーには別売りの接着剤用筆をセットすることが可能です。これを装着するだけで快適度が120パーセント増しになります
▲ウェザリングカラーはとても伸びが良いので、全体にビヤ〜っと塗るのではなく、チョンチョンと置いて、それを伸ばすように使うと良いです
▲魔法の筆の登場です。ガイアノーツのストレーキング筆はまじで便利。雨だれやオイル垂れなどがこの筆でなぞるだけで簡単にできちゃうんです。僕のウェザリング作業時には欠かせない相棒です
▲少量のウェザリングカラー専用うすめ液を筆に含ませて、ウェザリングカラーを上から下方向に伸ばしてあげれば〜
▲完成! 翼や本体にいい感じに汚れを纏うことができました。ウェザリングカラーは塗った箇所のツヤを落ち着かせる効果もあるので、各部の色味の締まります

 ウェザリングカラーとストレーキング筆はプラモ仕上げの杉下右京と冠城亘、まさに相棒です。このセットがあれば今までウェザリングに不安を持っていた人もいい感じにできると思います。

 全体のツヤが均一でない状態にウェザリングカラーを塗ると各部のツヤが落ち着いた上に、半光沢とつや消しが入り混ざったなんとも言えない表情になります。この状態が僕は大好きなので、これまで連載でお届けしたきた方法で筆塗りを楽しむことが多いです。途中フワフワな状態だったものが最後の仕上げでカチッとまとまった時、「今回も楽しいプラモだったな〜」って思えると思います。自分がよくできた!と思えばプラモは楽しいよね。それでは、次のフライトでお会いしましょう! アデュ〜〜〜。

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。