接着剤の「君の名は。」入れ替わったらプラモの接着が超快適になっちゃった。

▲私たち、もしかして入れ替わってる〜〜〜〜

 タミヤのプラ用接着剤には粘度が高めな接着剤(白い蓋やオレンジの蓋)と、流し込み接着剤があります。流し込み接着剤は、nippperでも大活躍している速乾流し込み接着剤と乾燥がゆっくり目の流し込み接着剤の2種があります。この二つ、用途が違う分「中にセットされている筆」の形状も違います。

▲左が流し込みタイプ。右が粘度が高い白蓋の接着剤

 白蓋の接着剤は、流し込みしにくい小さいパーツなどを貼るのに超便利! しかし筆がちょっと太い。そこで大活躍するのが、使い終わったり、揮発してなくなってしまった流し込み接着剤にセットされている筆なんです!

▲流し込み接着剤の中身がなくなっても捨てないで! 蓋も容器も超便利。ここから蓋を持ってきて〜
▲こうなるんですね〜。これで小さなパーツの接着も怖くないし、ピンポイントで接着剤を塗りやすくなります

▲艦船模型の小さなパーツも何のその! 小さな軸にピンポイントで粘度の高い接着剤を塗ることができます
▲接着剤のはみ出しなども少なく、綺麗に組むことができました!

 僕は通常の白蓋状態と、白蓋接着剤に流し込み接着剤の蓋を合体させた2種を常に机の上に置いてあります。粘度の高い接着剤は小さなパーツの固定や仮止めにとっても便利で、この接着剤と流し込み接着剤を併用することでさらにプラモが綺麗に快適に組み立てることができます。使い終わった接着剤の容器はとっても便利グッズに早変わりするので、簡単に捨てずに再利用してみてね。それでは!

<a href="/author/fumiteshi/">フミテシ</a>
フミテシ

1983年生まれ。月刊ホビージャパンで12年間雑誌編集&広告営業として勤務。ホビージャパンで様々な世界とリンクする模型の楽しみ方にのめり込む。「ホビージャパンnext」、「ホビージャパンエクストラ」、「ミリタリーモデリングマニュアル」、「製作の教科書シリーズ」などを企画・編集。